Lotus EUROPA Z1-R Z750D1 メンテナンス

バイクや車のエアクリーナー、フィルターは自作可能。使い捨てはもったいない

自作品を分離するとこんな感じです。

自作品を分離するとこんな感じです。

Toos

バイクや車のエアクリーナーは基本的には使い捨てです。
意外に簡単に自作可能、せこくやるとリユースが効きます。
特にZ系のエアクリーナー(エアフィルタ?)は簡単に自作可能なので作ってみればいいと思いますよ。

初期のZ1、Z2もこの手法が応用できますがZ750F以降のエアクリーナーボックスがゴツくなったZ系は特に簡単です。
※ちなみにゼファー400のエアクリは、まったく進化していない形状で半笑いしたことがあります。

工夫と勇気と力で勝負です。
消耗品費が節約できますよ、というお話です。

純正のエアクリーナーを改造して再利用

Toos

なんてことはないです。
フィルタの紙の部分を取り除いて汎用のフィルタスポンジを詰めるだけです。

だいぶエコです♪

このエアクリBOX付きのZ系は自作エアクリ作成は楽勝です。

このエアクリBOX付きのZ系は自作エアクリ作成は楽勝です。

エアクリ自作に必要なもの

  1. 純正のエアフィルター
  2. 市販のエアフェイルターエレメント(スポンジ)
  3. はさみ、カッターなど

自作エアクリ―ナーってのはコレです。

自作エアクリ―ナーってのはコレです。


作業時間は20分ってとこですかね。

自作エアクリの手順

使い捨てのエアクリーナーは金属のボックス状の枠の中に濾紙が入っているような構造です。

  • 濾紙をキレイにはぎとります。
  • この工程が一番面倒くさいです。

  • スポンジ状のエアフェイルターエレメントを適当な大きさに切ります。
  • ※金属ボックスの内壁に這わせる感じです(少し大きめでよろしい)

  • 切ったデイトナターボフィルターを濾紙の代わりに詰めます。
  • 今回はデイトナターボフィルターを使っています。
    ※どうせ見えないんだし、結構適当でいいです。

    ちなみに目の粗いほうがエアクリ側、細かいほうがキャブ側です。

    ※湿式の場合はエアフィルター用のオイルを散布してもいいし,2stオイルをすこーしだけ全体にしみこませればいいです。

    フィルターオイルはこれを使っています。
    可もなく不可もないです。
    ※2stオフ車用ですが。


    デイトナのターボフィルターは古くなると黄色い部分のスポンジが崩壊することがあるのでマメにちぇくはしましょう。

    この改造をすることで、
    汚れてきたらデイトナターボフィルターを交換
    せこく洗浄して使いまわすのもOK)、エアクリーナーの外側はほぼ永遠に使えます。

    この手法を編み出したワタクシはマジで天才かも♪とか一瞬有頂天になったものです。

    ちなみに・・

    昔はデイトナターボフィルターしか汎用品が無かったんですが、最近は各社で出しています。

    厚みもいろいろ選べます。
    個人的には厚めの方がいいと思っています。
    ※値段もそれほど変わりません。

    強者は、ホームセンターの農機具用エアフィルタースポンジを加工して付けてたりします。

    スポンサーリンク

    自作エアフィルターはいろんな車やバイクに応用可能

    Toos

    実はこの手法、車にも応用が効きます。
    ただし、形状が複雑なエアフィルターは作るのが難しいです。

    当倶楽部の場合

    1. ロータスヨーロッパ
    2. SUZUKI ラパンSS(まあ新品買っても安いもんですが気分ですよ気分)
    3. DAIHATU ハイジェット
    4. Z1-R
    5. Z750D1
    6. セロー225W

    については自作エアフィルター方式を採用しています。

    Z750D1のエアクリはここに入っている

    Z750D1のエアクリはここに入っている


    ネジを一個も外さないでエアフィルターにアクセス可能です。

    ちなみに・・

    純正ですでに入手不可能となっている車種にもう応用が利きます。

    超変態車mini ERAターボのエアクリーナーもアルミのアングルとターボフィルターで自作しました♪
    ※このエアフィルターの最終ロットはただの厚紙と濾紙で作られたエアフィルターが15,000円とかしたので怒りまくった記憶があります。

    このように、
    工夫と研究次第でいろんな車種に応用が効きます。

    しかーし!
    オフ車全般は、形がエアクリの形が複雑すぎて無理です。

    少なくとも、DT200WRやKTM125EXCは難易度が高い形状です。
    職人が切った張ったすればたぶんできるんでしょうがやったことないです。

    切って接着剤で張り付ければ何とかなりそうですが接着面が切れてそこからホコリ吸ったりしたらシャレになりません。
    素人には作れる気がしない形状ですが新品が買えなくなたら多分作ると思います。


    2stのエアクリは社外品でもそろそろパーツが厳しいです。

    KDX125SRは・・
    がんばればなんとかなりそうですが純正や社外品が手に入るならそれでいいやって感じです。
    頑張って作ってもオフ車の場合マメに洗うので、すぐエアフィルターはダメになります。
    ※新品買えるならとっとと新品に変えたほうがいいです。

    ちなみに・・

    自作が難しい変な形のエアクリーナーってのは実在します。

    特筆すべきは変態車SUZUKIのDR800Sのエアフィルターです。

    金属のシェルまではいいのですが、形状が複雑すぎて中の濾紙を取り出すことができず断念したこともあります。
    たぶん一回真ん中でぶったぎってやれば何とでもなると思いますが、人のバイクでしたのであきらめ。
    ※Kちゃん、もうやめた方がいいよ、DR-Big。その車体でジャンプするのも禁止(笑)

    エアクリーナーって結構大事

    Toos

    ワタクシは絶対にバイクにも車にもエアクリーナーつける主義です。
    エアクリーナーボックスも必須です。
    ※むかーし、CR29キャブのセッティング出しでちょっとだけエアクリーナー外して走ったことあるにはあるけど気が気じゃなかったです。

    自作品を分離するとこんな感じです。

    自作品を分離するとこんな感じです。


    乾式の場合、中性洗剤で洗ってよく乾かして再装着すればよろしい。

    エアクリボックスの主な役割は雨を始めとした水分をキャブに行かないように逃がすというものです。

    エアクリボックスの吸気口から入った水は、いったんエアクリボックスの下部まで導かれて外に排出されるようになっています。

    エアクリボックスにつながる豚鼻状のゴムパーツを外して吸気効率アップ!という話を聞きます。
    でもあれを外すと水分がキャブ内にガンガン侵入します。

    あのパーツがエアクリボックスの下部まで伸びているのは水抜きのためですよ。
    ※確かにKDX125SRの場合、あの部品で吸気が絞られてる気がするのは確かですがアレついててもキャブ交換&セッティングでエンジンが壊れるくらいのパワーアップはできます。

    だから雨天でもツーリングするワタクシは、

  • レーシングキャブだろうが
  • ウェーバーだろうが
  • SUキャブだろうが
  • デロルトだろうが
  • ソレックスだろうが
  • エアクリボックスは絶対につけたいんですよ。

    また、
    想像以上にキャブはゴミを吸ってますよ。
    エアクリボックスなしのスポンジだけのパワーフィルタの車両に虫が(笑)落ち葉が(笑)・・
    当然水分も大量にキャブはもちろんエンジン内部にも侵入してるはずです。

    エアクリをないがしろにしてはいかんぞ、若者よ。
    むしろエアクリ様にに感謝すべきですな♪


    バイクを雨天の公道でも使用するならやめた方がいいです。

    ちなみに・・

    パワーフィルタは雨天では一気にふけなくなります。

    レーシングキャブを使う場合、サーキット等の限定された場所でならいいかもしれません。
    でも公道での普段使いにはかなり厳しいんですよ♪
    なぜか皆さんZを買うとレーシングキャブをつけたがるのでエアクリボックスがつかなくなるようで。
    一時期ヤフオクで純正エアクリボックスが格安で流通しまくってました。
    ※今はそんな部品ですらZ用ってだけで高額になりますので困ったもんです。

    ワタクシは、

  • 雨でも、
  • 埃だらけのキャンプ場も、
  • 炎天下の海岸線も、
  • 落ち葉舞い散る秋の峠も
  • ガンガン入っていくのでエアクリは必須です。
    ※砂も埃も落ち葉も全部キャッチしてくれますよ、エアクリ。

    スポンサーリンク

    エアクリーナ自作関係まとめ

    Toos

    消耗品の交換って明らかにヘタってるとか減ってるとかならともかく洗って使えるなら洗って使いたくないですか?

    という、超貧乏な発想から生まれたとはいえ自作エアクリーナーはおススメです。
    もう20年以上この仕様ですがまったく問題ないです♪
    ※自作したフィルタースポンジはちょっとでも痛んだらあっさり交換することをおススメします。ケチりすぎるとスポンジが崩壊します。

    たぶん、あなたのバイクや車も応用が利くはずです。
    特に純正部品が入手しずらい旧車乗りの皆さんは一度検討してみる価値あり、です。

    ワタクシ達の聖書に近い伝説の名作「北斗の拳」によると人間は能力をほんの一部しか使ってないようです。
    ので、
    普段使われていない脳みその端っこ部分を稼働させると

  • 部品の入手のむつかしさ
  • 消耗品を安くあげる
  • ないものは工夫する

    いうことは意外と何とかなるかもしれませんぜ、拳王様。









    カワサキZ1・Z2ファイル
    created by Rinker

    カワサキZ1・Z2ファイル (2) もあります。
    今中古は安いので押さえておきましょう。
    永久保存版です。







    カワサキZ1・Z2オーナーズバイブル
    created by Rinker

    下手なカスタム本とかよりも余程役に立ちます。

    ロータスヨーロッパをもっと知りたい!






    ロータスヨーロッパに関する記事を一覧にまとめました











    足車はここで探せ!乗りつぶすつもりなら新車は不要!



  • 旧車一台だと故障だトラブルだで結構厳しい!

  • 趣味車だけだと、世間の目が厳しい!

  • 安心して遠出できる車が無いとなぁ・・


  • なにより、趣味車を普段使いするのはもったいない!!

    なら普段使いの車を安く手に入れちゃえばいいんですよ♪






    とにかく安い中古車探しなら、TVのCMでもおなじみの「ガリバーフリマ」

    ワタクシが見たときは、BMW116iが、3万円(笑)
    新車買うの馬鹿らしくなります










    「ガリバーフリマ」


     個人間売買の仲介サービスです。
     個人間売買でよく起きるトラブルの部分をガリバーが仲介しているので安心!
     さらに販売店を通さないので中間マージン分お得に自動車の購入・売却ができます。


     玉石混合のヤフオクより、程度に対する安心感が高い上に安い!
     ※出物があればお得感はものすごく高いです!が、お買い得車との出会いはタイミングです



    ◆長野県にあるガリバーフリマ店舗(第1号店舗)

    開店日       :2018/12/15
    店舗名       :ガリバーフリマ長野柳原店
    郵便番号      :381-0012
    住所        :長野県長野市柳原1302-59


    古いバイクで遊ぶ場合は盗難保険&ロードサービス付きの保険に入っておくと安心です



    メンテによほど自信があっても出先で壊れることがありますよ
    ・・バイクって人気のないところに放置するとあっと言う間にハゲタカ(人間)にやられます・・
    特に今はバイクが高いです・・盗まれると二度と出てこないと思っていいです

  • ロードサービスプラン

  • 盗難保険プラン

  • フルサポートプラン


  • 盗難保険はなんと年4400円から入れます!







    -Lotus EUROPA, Z1-R, Z750D1, メンテナンス

    © 2020 北信州のりもの倶楽部Ver2