長野県にIターンしてやりたい放題!!特にのりもの関係は失敗ばかり♪そういったマイナーでも濃厚な仲間を増やそうともくろむブログ。

北信州のりもの倶楽部Ver2

KDX125SR バイク

最強、最速の原付2種はなんだ?コスパも含めてKDX125SRだ

更新日:

バッテリーレスって頼もしいよ♪
Toos

原付2種に興味を持った人多数から、
「何が最速ですかね?」
と効かれることが多くなりました
ので、間髪入れずに
KDX125SRだ!
と答えるようにしています

これがまたバブル時の設計なので、ぶっ飛んだ作りでして・・
オフロードでも速いし、
フルサイズなので窮屈でもない

旅にも立派に使えます
※それ相応のメンテナンスが必要ですが

スポンサーリンク

最高速はぬふわkm/hを超える

2st125ccは4st250ccを凌駕する場合がある

というか、
軽さとパワーで圧勝といってもいいくらいです
特にこのサイズの2stは4stと同排気量とは思えない加速をします

最高速は、普通にぬふわkm/hを超えてきます
散々、加速側にスプロケで調整したにもかかわらず、もう少し出ます

ウィリーもパワースライド(アクセルターン)もお手のもんです

中古価格はこれぐらい

1型(A1)から8型(A8)まで存在しますので、当然新しいほうが高いです

モノがあれば、ですが絶対A5以降がいいです
リアサスが贅沢なリザーバー付になっています
※ワタクシはこのリザーバー付のリアサスの新品を最近入手しました♪

逆に手を出してはいけないのが、初期型のA1です
電装系が1世代前のつくりになっています
※細かく書いてもいいけどマニュアル読んだ方が早いです

-->バイクブロスで中古のKDX125SRの価格チェックだ!

総じて、中古での価格は上がっていて、10年くらい前までは5万円くらいからあったのです
が、今現在はすでにまともな車体は20万以上はするようです

まともに、きちんとメンテナンスされた個体は新車価格を超えるものまであります



よく、DT125Rと比較されますが、完成度が高いのはDTのほうです
DT125Rの最終型はセル付で、ユーザフレンドリーです
※1世代前のセル無のDT125Rは結構いい感じですが、YAMAHAの旧車は部品が高い(頼むよ、YAMAHA!

普段圧倒的にYAMAHA派のワタクシですが、ここ一番のパワー感と、未完成ゆえにユーザーの楽しみが残っているのはKDXが全然上です
※この商品力の低さはメリットなのか?と思うけどそれも含めて性能だと思うんですよ♪

うちの個体はA2ベースで
  • キャブをPWK28に変更
  • リアサスをA5以降のリザーバー付きに変更
  • サイレンサーをRSV変更
  • ※排気口の向きを斜めに加工しないとナンバーとウィンカーと荷物が大変なことになる

  • チェーンとスプロケを変更
  • ※超加速重視

  • その他もろもろをちょこちょこ
  • 弄ったマシンになっています
    ※A5以降のリザーバー付リアサスも工夫して取り付けています♪(キーの位置なども変更になってるので簡単に流用はできません

    ライト周りをいじると一気に今っぽく♪

    ライト周りをいじると一気に今っぽく♪

    スポンサーリンク

    長く乗るためのメンテナンスのツボ

    1万キロに一度はヘッドを開けて、可変バルブシステムKIPSの清掃をした方が良いとされています

    燃え残りのタールで、KIPSが固着、最悪これを動かすギアが破損します
    ※後期型はアルミ製なのでギアをなめやすい

    このメンテナンスの際に、必ず必要になるのは、
  • ヘッドのガスケット
  • チャンバーのガスケット
  • 位なのですが、KIPSのギアが破損していると、このギア部の交換が必要になります

    2stだし、機構はかなり単純なので、素人さんでもマニュアルがあれば全然可能なメンテナンスです
    ※ググれば先人たちの詳しい記録がたくさん出てくるのでここでは割愛します



    高性能、とはいえ原チャリだ

    うちのはいじくり倒したKDX125SR。まだ一級の性能

    うちのはいじくり倒したKDX125SR。まだ一級の性能

    はっきり言うと結構塩分濃度高めのしょっぱい作りではあります
    ので、セオリー通りにやるならこの程度はやっておきましょう

    フロントブレーキが全然効かない(笑

    命の危険を感ずるほど効きません

    これは、KX85のフロントキャリパー、もしくはスーパーシェルパのフロントキャリパー(同じもんです)がポン付できますので絶対やった方がいいです

  • 関連記事:-->KDX125SRは絶対フロントブレーキは強化すべき!
  • キャブはPC20からPWK28に変更

    キャブはアイドリングの調整が非常に変な位置でワイヤーで無理やり調整するので微妙なさじ加減ができません

    個人的には口径が小さすぎると思います
    もともと80ccクラスのキャブ。CR80とかまんまこれ)

    このため、思い切って定番PWK28に変更しちゃうのが手です
    PWKにする際に、PWKのオプションパーツB-TOPというアクセルワイヤーを斜めに取り出せるパーツを使いましょう
    ※この辺もググればたくさん資料があるので割愛します

    フロントフォークのダンパーは片方にしか入っていない

    中古の純正フロントサスを入手して中身を移植すれば簡単にダブルダンパーになります

    が、
    よほど飛んだり跳ねたりしなければ(あとライダーがデブじゃなければ)あんまり必要を感じません
    ※所有満足は高いですが、言わなきゃわかりゃしません

    これも原チャリなのでコストダウンの一環じゃないかと思ったりします
    ちなみに倒立サスですが「鉄製で重くて錆やすい」です

    アンダーガードはつけてあげよう

    オフロードを走る場合、アンダーガードはつけてあげましょう

    クランクケースもアルミなので、ガレ場とかでガンガン石が当たるとクランクケース自体が割れます

    また、ミッションオイルのドレンボルトも下部についています
    ※DT200WRは横からミッションオイルを抜くよくわかっている設計とは大差がある

    オイル交換の際はアンダーガードをいちいち外すのが面倒ですがエンジンお釈迦にするよりはマシです

    適当なアルミ材をまげて取り付けてもいいですし、ポリカーボネートなどを加工してもいいでしょう
    最近のオフ車ってアンダーガードがプラ製でビビった

    うちのKDX125SRもフォーク外側多少さびています

    うちのKDX125SRもフォーク外側多少さびています

    チェーンガードも安っぽいので、なんか流用したりしてあげましょう

    純正のチェーンガードは、枠にすらなってないのでチェーンが外れそうで怖いです

    オフ車の特性上、多少チェーンは緩めに張るのですが、外れると面倒なのでワタクシは自作のチェーンガードというかをアルミでこさえています
    ※たまにここに石が挟まってガラガラいうことがあるので、まだ完成形ではありません

    レースなどでノンシールのチェーン(あっという間に伸びるよ)を使う場合は必須のカスタムポイントです
    ※レース以外で使う場合は、おとなしくシールチェーンがおすすめです

    やはりココも原チャリ感が満点なコストダウンの箇所ですねえ

    ちょっと冷却系が弱い

    ラジエターが左側にしか入っていません

    ベースとなったレーサーKX125と似たような車体構成ですが、2stオイルタンクを右側シュラウド内部に収めている関係上、ラジエターが片方しかないんですよ
    なので、2名乗車で延々坂道登ったりするとオーバーヒート気味になります
    夏の戸隠に嫁乗っけて行ったときに、オーバーヒートランプついてビビった

    こうなったら、エンジンに負荷をかけずに流して(下り坂ではクラッチ切って風を当てるなど)冷却に努めましょう
    アルミシリンダは熱で簡単にゆがみます
    こうなると、エンジンがゆがんで水漏れなどの原因になります

    やってはいけない・・とは言わない

    クランクケースとシリンダーの接合面に思いっきり段差があるので、これをリューターで滑らかに段がないように削ります

    これと、PWK28のセッティング次第で恐ろしいパワー(おそらく30馬力超え(ノーマルでは22馬力))になります
    嫁に乗らせて加速競争しましたが、ワタクシのDT200WR(33馬力)とほぼ変わりませんでした

    スプロケで加速側に振っていたとはいえ、ちょっとマジか?という加速を見せました
    ちなみにチャンバーはノーマル主義です
    ※リプレイスものは高価なうえ、林道で跳ね石でへこむと、心も凹むし、何よりカンカンとうるさいので嫌い

    といようなチューンでしたが、徐々にステージを下げていっています

    というのも、うちの場合、同じ理由で10年間に2機のエンジンをオシャカにしています

    恐ろしいパワーと引き換えに、クランクベアリングが破損します
    焼きついたのかと思いましたが、クランクベアリングが破損、クランクケース内に粉砕した破片が飛び散り、クランク自体が固着しました
    同じところを二回壊しましたので、耐久性に問題がある・・というよりも経年劣化もあるのだと思います

    所詮原チャリですので、こういう所でコストカットしているのかもしれません



    一部の外車はもうコスト度外視なのでライバルとしては無視

    最強といえば外車や逆輸入車だろ?
    という人も多いでしょう

    KTM125EXCや、CAGIVA MITOなどもかなり速いし、馬力感はありますが、ほぼ見かけないしパーツの値段が度外視されているのでこの際除外します

    サスにWP(ホワイトパワー)とか、ブレーキがブレンボとか、ちょっとやりすぎ
    そりゃ、お金ないけど一生懸命頑張る系の国産原チャリに勝てるわけないです

    KTM125EXCは似たような立ち位置のマシンですが、燃費の悪さで大きくマイナス
    満タンで80km走れません
    ※しかもハイオク指定、いちいちオイルは混合するレーサーを無理やり公道で乗ってる感じ

    国産でいうと、
    RG125γやTZR125もそれなりに速いですが、ポジション窮屈でツーリング向きではないです

    近所の峠スペシャル
    として一台オンロードのとんがったモデルが欲しいは欲しい
    なにせ、原チャリです
    税金とかタダに近いですし、ファミリーバイク特約で保険に入っておけば、何台所有しててもいいんです



    まとめ

    原付2種限定だと公道ではKDX125SRが最強、と当倶楽部では言い切ります

    サーキットならともかく低いセパハンは公道(特に下り)では必ずしも有利ではないという持論と、オンロード小排気量の窮屈で狭いポジジョンは公道で長時間乗るほど不利に働きます
    KDX125SRでオンロードタイヤ履いて走るにしても、アップハンドルのほうが自由度が高くて楽に楽しく走れます

    2stでパーツがいつまであるかわかりませんし、程度のいいマシンもあんまり見かけなくなりました

    あのライムグリーンがよく色あせるんですよねえ・・こうなるとかなりダサい
    ※ですが、ここを指摘して値引きに持ち込むのは大いにあり

    でも、作りの詰めがかなり甘く、素人でもなんとかできるのがまた魅力(笑
    しかも今のマシンに全然引けを取らないどころか、交通の流れをリードすることも可能

    維持費の安さから、学生さんやリターンライダーの皆さんにもお勧めしたい・・
    ですが、調子を崩すとエンジンかけるのも難しくなるしなぁ・・
    近所ならサポートできるのですが♪
    ※最近、白い外装(A5)一式を入手しました♪

    恐らく、二度と出ないであろう国産2st125ccのモデルです

    現オーナーは大事に!
    これからのオーナーは見極めていい個体を!
    KAWASAKIはパーツの供給頼む!

    脛の傷をなめあって生きようではないか!

    という言いたいことを言いまくって、いつものようにこの記事を終える

    スポンサーリンク
    スポンサーリンク
    • この記事を書いた人
    • 最新記事

    Toos

    Iターンしてみたモノの、いろいろ手を出しすぎてよくわからなくなりつつも、全部やってみてどんどん失敗して諦めずに何とかする。 特に古いバイクや車は得意分野♪そのほかDIYでの家やガレージ作り、田舎の暮らしなどについても発信していきますよ♪

    -KDX125SR, バイク
    -, , , , , , , , ,

    Copyright© 北信州のりもの倶楽部Ver2 , 2019 All Rights Reserved.