長野県にIターンしてやりたい放題!!特にのりもの関係は失敗ばかり♪そういったマイナーでも濃厚な仲間を増やそうともくろむブログ。

北信州のりもの倶楽部Ver2

オフロード バイク

125ccのオフロードバイク。中古で買える原付2種オフ車でジャイアントキリング!

更新日:

Toos

新車の原付2種オフロードマシンがここまで高騰しているので、

中古の原付2種オフロードマシンも調べてみねばなるまい、

というか、戦闘力では2st圧勝!古のモンスターがごろごろいる・・

狭い峠の下りとかならジャイアントキリングが可能です

ということで参る!

スポンサーリンク

まずは最近まで売られていたので安心感のあるKAWASAKI KLX125

小柄で初心者向け、パワー不足は否めないけど程度がいい個体が多い

もちろん中古市場でも大人気で、もともとタマ数があんまり多くないので需要と供給の関係から結構高値取引されているKLX125

車格もそれほど大きくないし、結構かっこいいし、燃費ももちろんいいわけで。
中古125ccオフロード(狭いジャンルやな)では人気No.1をキープ。

小柄なので、女性にも人気あるようですし、何より「未舗装路初めて君には絶対の安心感」があるでしょう
ツーリングも林道も普段使いも安心して使えますね
※TT-R125ユーザーはKLX125が出たので、街乗りタイヤが供給されて喜んでいたが・・もう昔の話になっちゃいますねえ

4stの単気筒エンジンでは馬力は知れたもんですが、
それでも未舗装路で使いこなすまでにはそれ相応の練習が必要です。

でかいオンロード乗りは100%小排気量のオフ車を舐める
傾向にありますが、絶対うまく乗れないので、やってみることですよー

そのための最初の一歩としても最適なセレクトだと思いますね

-->KLX125のwiki。発表はもう10年も前なんだねえ。

僕らのYAMAHA XTZ125

YAMAHAとはいえ、国産ではないのだ。こちらも初心者向けだけれど少しマニアック

新車でも買えますが、息の長いモデルなので中古市場でもまれに見かけます。
とにかく安い、そう安いというのも性能です。
ただし、年断の割に結構クオリティが高く、所有満足も十分、レーサーTT-R125と共用部品もあるので、いじくり派にも満足できるでしょう
※ま、絶対性能としてはそれなりなんですが、気安さは計り知れません

ちなみに生産は中国、ブラジルなどで行われています。
購入の際は部品供給なども一応リサーチしておくべきですよ。

これだけ安いと、ワタクシとしては新車をお勧めします。
KLX並の大きさですし、これまたツーリングから林道、街乗りまでそつなくこなすので、置き場さえあれば一台確保しておきたいくらいです。

ーー>XTZ125は正式に国内販売ないのでまとめwiki

スポンサーリンク

ハスクバーナ TE125

この辺から全く初心者向けではないどころかいきなりレーサーです

レーサーに保安部品つけちゃいました♪系のモデル
数年前まで結構この手のバイクはあったんですが・・
もうないですね・・(泣

何せレーサーですから、余裕でワンクラス上のトレールモデルを相手にできます。
が、それなりに腕がないとすぐ壊します。

また、2stレーサーなだけに、燃費も悪いです。
そして、ハイオクガソリン+2stオイルの混合ですので、給油のたびに相応のオイルをガソリンタンクに投入して混合しなければなりません。
※すげえ面倒くさい。そしてオイルは結構高い。

もう二度と手に入らないかもしれない2stですので、ぜひ乗ってみてほしいのですが・・ちょっとハードルが高すぎます。

かなりの上級者向け、整備もそれなりの知識が必要、部品供給は結構遅い(2週間で来ればいい方)です。

ただし、それと引き換えの割り切ったパワーと足回り。
恐らく体験したことのない加速をします。

舐めてると振り落とされますよーー。

全然初心者無餌出ないマジもんなKTM125EXC

各所の装備が全然原付二種じゃないぞ、KTM

前出のハスクバーナと同型エンジンを積んでいるKTM125EXCです

素人さんは手を出してはいけない系

素人さんは手を出してはいけない系


各所のパーツのブランドがすごい。維持に金かかりすぎ。

とにかくとんでもなく速いです
※加速力は60km/hくらいまでは2st250cc並みかそれ以上ですが、レーサーなので最高速は伸びません

排気音がもろにレーサーです
一応、電装系は完全に稼働しますが、頼りないっす
これで夜走る気には全くなれません

メインキーはありませんが、秘密のスイッチを噛ませて自作して噛ませていますので知らない人にはエンジンかけられません
バッテリーレスなので、キックスタートオンリーです
それに、サイドスタンドがものすごく頼りない上、角度が悪いようでどこでも倒れようとします

ちなみに・・


実際に2007年式を所有してますが、
燃費は8km/lで満タンでも9lしか入らないので、走行距離が80kmに満たないっす
とてもツーリングに使えるしろもんではありません
みんなで林道行く際にはオイル混合したガソリンを3リッターくらい持っていきますが、当然キャリアなんかないので大変ですわ

当然混合ガソリンなので、ガソリン給油の際にはオイルMotorexを計量してタンクに投入しています
※しかもハイオク限定指定ときた・・

古の国産モンスターの時代のマシンはどうだ?

かつて、今じゃありえない2stオフロードレーサーレプリカが跋扈していた時代があったんですよ。

オンロードオフロード問わず、時代的に猫も杓子もレプリカでした
125ccオフロードもその例にもれず、各メーカーが2ストロークの戦闘力が高いマシンを用意、ハイパワー競争は小型バイクにまで普及していました。

125ccとはいえ、今でも2stオフロードマシンの戦闘力は一級品で、エンデューロなどでは見た目は古くさいこの手のマシンをきっちり乗りこなす「速いおっちゃんレーサー」が結構いたりします。
※もしくは大学のサークル的な貧乏そうな若者グループのマシン。本当に楽しんでいるようで見ていてほほえましい

今でも人気はあるのですが、そろそろ部品供給的に厳しく、また性能的にかなりレーサーライクでとんがっているので、パーツが激しく消耗したりします。

現行車の乗りやすや気安さには遠く及びませんが、125ccとは思えない加速と最高速、金のかかった設計は今でも乗ってて楽しいんですよ♪
※なめてるとケガしますよ

年式的にも程度的にも結構値段はこなれているとはいえ、きちんと整備できないとまともに走らないので余計お金がかかるマシン、とも言えます。
マシンの性格的に乗り散らかされた個体も多く、程度の割にええ!という価格で取引されてたりもします

もう二度と出ないと思うので大事に乗っていれば値上がりは必至でしょうが、資産としてキープするより乗り倒してやるのがいいのではないかと思っています。
時代遅れのリトルモンスター」を味わうなら泥沼覚悟でGo!ですよ

ここからジャイアントキリングマシン、行きます!

KAWASAKI KDX125SR

恐らく国産史上最強の125ccオフ車はKDX125SRでしょうね

ワタクシの大好きな、KDX125SR
うちにも都合2台ありましたが懇願されたので一台譲りました。
マジで原チャリ?と疑うようなパワフルさです。
ぬふわlm/hは余裕で出ます

結構長く作られたモデルだけに市場にも結構数がありますが、大抵ボロボロです。
それだけハードに乗られたものが多いです。

割と大柄な車体で、
絶好調だと素晴らしい加速と一応の社会性(2人乗り可能、荷物も積めるが2stオイルくさくなる)を持ち合わせています。

が。

  1. フロントブレーキが利かな過ぎる
  2. 前期型A5くらいまではリアサスがしょぼい
  3. 最初期型A1は電気系がおかしい
  4. エンジンを定期的に分解して清掃する必要がある
  5. フロントサスペンションのダンパーがかたっぽにしか入っていない
  6. 鉄製の倒立フォークがよく錆びる
  7. 外装が日に焼けやすい(ライムグリーン)
  8. カラーセンスがひどい
  9. 純正キャブのセレクトが適当すぎる
  10. A1(初期型)に手を出してはならん!電装が違いすぎ
  11. すでに欠品多い!

というネガな部分も持っています
部品供給もそろそろ厳しいので部品取りを一台用意して・・
という人にはお勧めしますが、メカ的な知識が全然ない人は厳しかろうと思います

しかしまあ、当時あの値段でよく出したわ、KAWASAKI
所々安っぽいとはいえ、国産の原付2種では史上最高の性能だと思います。

ツーリングで舗装路ばっかり走れば25km/lを記録したこともあります。

が、調子に乗ってパワーアップを狙っていろいろチューニングしていくと、エンジンが壊れます(クランクのベアリングが破損する)
二基壊しました♪

うちのKDX125SRはいじくり倒したのでこんな感じ

うちのKDX125SRはいじくり倒したのでこんな感じ


某イベントで嫁がライドして、男性250cc4st陣を蹴散らしたので有名な個体

今でも所有していますが、ほとんどノーマルで車高を下げて街乗りスペシャルとなっています♪
フロントアップやアクセルターンの練習に最適♪

-->KDXシリーズのwiki。あんまり詳しく書いてないね。



SUZUKI TS125R

鈴菌以外にはウケないマニアックすぎる車種

すみません、あまり思い入れがないのですが・・
KDX125SRよりよく壊れると聞いたような・・
あれより良く壊れるのか(笑)

とにかく現役時代からほとんど見かけたことはないです
兄貴分のTS200Rですら見かけた記憶がないくらいです
※RMX250とは公道でもレースでもよく戦いました♪負けっぱなしですが。

スズ菌のみなさんにはたまらない車種なのかもしれません

--> TS125のインプレ

YAMAHA DT125R

兄貴分がDT200WRになっても大きなモデルチェンジをしなかったDT125R

国産2st125ccでは最後となったモデルがDT125R

国産2st125ccでは最後となったモデルがDT125R

最終型はなんとセル付
一時期、価格が高騰しまくりましたね
中古で40万とかしてました
※今でもかなり高いねえ

まあセルの他にタコメータも装備した気安いマシンではありますが、戦闘力はDTなのでそれなりに高く、さすがにきっちり走ります

KDXほど割り切っていないところにYAMAHAの良心がうかがえます。
YPVSの清掃をきちんとしてやって、掃除もきちんとしてやれば長く乗れると思います
※ワタクシは、兄貴分のDT200WRに20年近く今でも乗っているがこれまた、銀河に誇るいいバイクだ♪

YAMAHAはきっちりそういうところを抑えてくるので、結構ひいきにしています。

しいて言えば、
最終型はノーマルだとライト周りとかかっこ悪い
ので、ワタクシならそれなりにかっこいいライト周りにしちゃうかな。

たとえば、LANZAのライト周りとかね。

セルないけど、一世代前のDT125Rの方がスタイル的にはおすすめ!

-->DT125R インプレ

HONDA CRM80

125ccではないですが、HONDAのモデルがないので(あるけどMTX125とか古すぎる)・・

一言でいうと、レーサーCR80を公道仕様にしちゃったモデル。

ただし、CR807とエンジンマウント位置が違うので互換性はないけど十分パワフルなエンジンはNSR80に搭載されていたもの。
とにかく小っちゃくて、足回りなどはCR80のものを流用可能

一時期、レーサーCR80を整備してましたが、まあ、よくこの車体でよく走るわーって感じのバイクでした。
※今では伝説になっている地獄の雨後の粘土エンデューロで入賞しました♪

そろそろ部品供給が厳しそうですが
ノーマルでも結構走りますので、小ささとパワフルさを兼ね備えて結構走ります。
※女子のエンデューロライダーには小柄な車体がウケて今でも愛用している人を何人も知ってる

リアディスクの最終型のいいのがあれば今でもちょっと欲しい気もしますが、
用途がKDXと完全にバッティングするので出動する機会がなさそうだな。
CRM125が仮に市販されていたら・・ワタクシのHONDA嫌いが多少なくなってたかもしれません
そう言う狡いところがあるのでHONDAが嫌いなのよ・・

-->CRM80 インプレ

ここからは当時から優しかった4st系

とにかく軽くて乗りやすいく倒しても壊れにくいので、
ど初心者にもおすすめ
できます。

とにかく時間さえあれば、ガソリンに金掛けたくない日本一周系のロングツーリングなどやらせたら無敵です。

はっきり言いますとパワーはないですが、
いまどきの新車で買える4stとはそんなに差がないとも言えます。

やはり耐久性などを考えると、パワー的にもこれぐらいなのでしょうねえ。
初めてのオフ遊びにも最適です!

人気自体がなかったのと、
存在すら知られていなかった(笑)ので、
中古市場にはそれこそめったに出てきません

あったとしても年式的に部品供給などで苦労する場合もあるので、
まともなタマを見つけられなければあきらめた方がいいでしょうねえ。
探すだけ無駄な気がします

SUZUKI DJEBEL125(読めねえよ(笑))

出たな貧乏バイク(笑

DF125とか兄弟車というか派生もでるもありました。

SX125から連綿とつながるこの系統、
もうコレ系のSUZUKI125ccオフ車といえば、日本一周御用達マシンのイメージです。

もうそこらじゅうで会いましたよ、コレ系のエンジン積んだ日本一周中の方に。

  1. 燃費も良く、
  2. 壊れず、
  3. 車格もそれなり、
  4. 有料道路が安く、
  5. フェリー代も安く
  6. 荷物も積める、
  7. スピード的にもそんなにストレスない・・

うむ、最適♪
※同じ目的でカブ90もすげえ見た。

夫婦でこのシリーズで日本一周している人たちにもあったりしました。
エンジンにも車体にもドラマがないけど、平均45km/lの燃費は脅威。

--> ジェベル125 インプレ

XLR125R

名機CBX125Fのエンジンの流用だったような・・

こちらも素晴らしく低燃費でパワーこそないけどタフなエンジンは結構長いこと作られたと思った。

HONDAはXLRは80とか125とか出すのに、CRM125は出さなかったんだよねえ。
↑しつこいね、ワタクシも

この辺もワタクシのHONDA嫌いというか結構苦手なところにつながっているのかもしれません。

ので、あんまり思い入れないです。見たこともほとんどないです。
半年くらい前、うちの近所で旅仕様の関西ナンバーのXLR125を見かけましたが、旅バイクとしても優秀なのかもしれません

エンジン共用してるCBX125Fはちょっと欲しい。あのスリムさにロケットカウルとかいじくりまわしたい。
オークションで全然落とせなかった・・

-->XLR125R インプレ

まとめ

原付二種125ccクラスの中古車を紹介してみました。

思い入れある車種ほど熱量がある紹介文になっておりますが、全部実体験ですので致し方ありますまい。

あなたがどれを選べばいいか?
悩んだときはどうするか?

正解は、
たとえ悪評があっても一番かっこいいと思ったバイクを買う
です。

初心者向けとか、金かかりそうとか好きなら乗り越えられるんですよ。
でも、条件だけで手に入れたバイクってあんまり思い入れないでしょ?
※ワタクシがオンロードのレプリカ系を避けているのはそういう理由

なんでもそうです。
でかいバイクでも小さいバイクでも全然その基準は変わりません。
自分の価値観に正直になりましょう♪

自分だけがカッコ良ければ人の評価とかどうでもいいんですよ。
だって乗るのは自分なんだし♪

オフロードはバイク乗りの中でも結構ハードルが高い分野です。
が、トコトコと未舗装路に走り出したらはまること請け合いですよ。

濃いめの仲間もできますし、とにかくバイクの世界はこんなに自由なんだってわかると思います。
オフロード始めてから、でかいバイクを売り払った友人は片手ではたりません

  1. 初めてのバイクとして原付二種125ccのバイクを狙ってる方
  2. 二台目のバイクとしてランニングコストを抑えたモデルを狙ってる方
  3. リターンライダーで小さくて軽いバイクを狙っている方
  4. 貧乏なのでとにかく維持費が安く購入費用を抑えたい方

いろいろいると思いますが、
どの方にも原付2種125ccオフロードバイクは自信を持ってお勧めできるカテゴリーです♪

ようこそこちら側へ!
文字通り、泥沼にはまりましょう♪

スポンサーリンク
スポンサーリンク

バイクのバッテリーは夏も冬も酷使されます!



バイクのバッテリーって乗らないとすぐ上がる気がします
旧車バイクの開放型バッテリーは、冬に充電しまくっても3年持ったことがありません・・

携帯やナビなど走りながら充電しまくってません?
バイクの発電機にもバッテリーにも負荷がかかってますよ!










自分のバイクのバッテリー適合を調べておくといいですよ!




古いバイクで遊ぶ場合は盗難保険&ロードサービス付きの保険に入っておくと安心です



メンテによほど自信があっても出先で壊れることがありますよ
・・バイクって人気のないところに放置するとあっと言う間にハゲタカ(人間)にやられます・・
特に今はバイクが高いです・・盗まれると二度と出てこないと思っていいです

  • ロードサービスプラン

  • 盗難保険プラン

  • フルサポートプラン


  • 盗難保険はなんと年4400円から入れます!







    -オフロード, バイク
    -, , , , , , , , , , ,

    Copyright© 北信州のりもの倶楽部Ver2 , 2019 All Rights Reserved.