Z1-R Z750D1 メンテナンス

カワサキZ1系の維持費と消耗品費はいくら?ビビる必要はない!

更新日:

フロントは19インチがいいよ、Z系は。
Toos

Z1-Rに乗ってていろんな人に声をかけられます。
その中で良く聞かれるのが「維持費が高そう」ということです。
ワタクシの場合の維持費と消耗品費をさらしますので何かの参考になればと思います。

実は一回全部手を入れちゃえばほとんどお金かかりません。
細かくメンテすれば維持費はびっくりするほどかかりません。
※どんどんカスタムしていくとかいうのであれば湯水のようにお金必要だと思いますケド。

維持費については人によってピンきりです。
※下手な個体をつかんじゃった時の初期化費用は莫大です♪

余計なお世話コメント

この記事は、会社のPCでネットサーフィンでサボりつつ、手にれる前から「Z1 維持費」とか検索してる人向けです
※同僚にばれないように慎重に盗み見てください。ばれても知りませんが

一応音も出ないし、エッチな画像も出ませんので、もちろん携帯からは何時でもご覧いただけるようになっております





スポンサーリンク

バイクを維持するのに必要な税金

Toos

定期的に払う税金の他にガソリン税も払ってるのでほんとにバイクを所有するだけで優良納税者ですよ。
税務署はプリンでも持って来い!といつも思いますよ。
この国の車やバイクに関する税金は狂ってるレベルです。

ともあれ、
ガソリン税以外にかかる税金とやらを洗い出しておきましょう。
意外に安いな
と思ってもらえればおおむね由です。

毎年かかるバイクの軽自動車税

Toos

ほんとに春になると嫌な気分にさせられるのがこの軽自動車税ってやつです。
複数台持ってる場合は割引になるとかそういう気の利いた制度は一切ありません。
軽自動車税を改善するよーっていう公約だけで多分政治家何人か当選すると思うんですが。

コレだけ税金払ってさらにツーリング中に違反とかもうやってらんないわ

コレだけ税金払ってさらにツーリング中に違反とかもうやってらんないわ


ゆえにゆっくり楽しく走っております♪

数年前に軒並み値上げされています。
この表を見ると原付2種の90cc以下が多少得にも見えます。
※でも年間400円くらいなら125ccがいいと思います。排気量1.38倍です。

原動機付自転車50cc以下2,000円
原動機付自転車50cc超~90cc以下2,000円
90cc超~125cc以下2,400円
二輪の軽自動車125cc超~250cc以下3,600円
二輪の小型自動車250cc超6,000円

Z1-Rの場合、6000円が該当します。
※ちょっと前までは4000円だったのに・・

政府の取れるところから取るという方針が嫌いだわ。

車検時にかかるバイクの重量税

Toos

毎年取るだけでは飽き足らず、2年ごとの車検時にも納税しなければなりません。
車検ってのは「納税確認」「追加納税」システムでしかありません。
※あと検査員からの嫌がらせを受ける場所ですか・・
■以前はこんな料金体系でした

  • 1900円(0~12年経過車)
  • 2200円(13年以上経過車)
  • 2500円/年(18年以上経過車)
  • 当然、2,500円に該当します

    ■2019/06にユーザー車検受けたときはこうなってました(怒

  • 初登録より13年未満の場合は、3,800円
  • 初登録より13年超~18年未満の場合は、4,400円
  • 初登録より18年超の場合は、5,000円
  • 当然、5,000円に該当します

    日本はどうしてこうも古い乗り物にやさしくない国なんだろうか?
    これほど自分たちの文化を大事にしないのかと思うと情けないです。

    舐めんなよ

    と大声で言いたい気持ちでいっぱいです。

    消耗品の代表と言えばタイヤ

    Toos

    タイヤはグリップ力よりも摩耗の遅さで選ぶ主義です。
    どうせそんなに飛ばさないので一番安い最高速180km/hまでのVレンジで十分です。

    ワタクシのススメするタイヤ:MICHELIN PILOT ACTIV

  • コスパがいい
  • 見た目も悪くない
  • ブランドはミシュラン
  • グリップ力もそこそこ
  • 耐久性がある
  • 高速道路はほとんど使わないのでVレンジでいい
  • ・・最良のセレクトと思っています。

    MICHELIN PILOT ACTIVは前後で25,000円程度です
    所詮バイアスタイヤですので安くてうれしいです♪
    見た目で減ってきたりなんか滑るなぁ、と思ったら交換するようにしています。

    今時のバイクの太いタイヤの値段を聞くたびに、その太いタイヤを拝みたくなりますよ。
    前後で6万円以上!とかオイオイって感じですよ。

    タイヤ交換の頻度は、大体4年に一度くらいのペースです。
    以前に比べて長距離乗れる時間が取れないし、林道で遊んじゃったり変な車で遊んじゃったりするのでどうしても走行距離は伸びません。

    当倶楽部ではZ1-RやZ750D1の使い方は「ツーリング+たまに峠で遊ぶ」くらいなのでこれくらいの性能で十分です。
    どのメーカーのどの銘柄選んでもZ1系が新車だった頃のタイヤよりははるかに高性能ですのでパターンと値段で選んでいいと思いますよ。
    タイヤはほぼ好みでいいと思っています。


    ※ワタクシのZ1-Rは初期型ですがフロントタイヤは19インチ化しています。

    ずいぶん前ですが「DUNLOP TT100GP」を入れたときにあまりに早くなくなるのに閉口したことがあります。
    ガンガンツーリングに使うのでリアタイヤがもったいないと思いました。
    ※ロングツーリングだとセンターばっかり減るんですよ・・

    タイヤは自分で交換する


    タイヤは自分で交換する

    ちなみに・・

    ミシュランは結構ビードが堅いですが自分で交換しています。
    ※タイヤは通販で取り寄せ、古タイヤは知り合いの車屋さんに有料で廃棄してもらっています。

    Z1-Rは一応キャストホイールです。
    チューブレスタイヤも装備可能と聞いたことがありますがワタクシはやったことはありません。
    なにせ昔のキャストホイールなので信用できないんですよ(笑)
    ゆえにタイヤチューブを併用しています。

    何度もやってるくせにタイヤ交換はかなり下手です。
    交換時にチューブに穴あけちゃうことがあるのでガレージには予備のチューブも常備しています。
    ※ツーリングの際は必ず前後の予備チューブは持参していきます。出先で手に入らないことがあります。

    嫁用のZ750D1もほぼ一緒の走行距離なので同時に交換します。
    前後2セット同時に購入することにしています。
    ※送料は浮くしいつ交換したかも記録しやすいので便利♪

    ただし、
    バイク2台分、合計4本タイヤ交換するとかなり自分の体力が消耗します(笑)
    ・・・ううむ、歳は取りたくないなぁ

    Z1-Rに限らず当倶楽部所有のバイクはできるだけ自分でメンテナンスするので維持費は安く済んでいます。

    最近のバイクの太いラジアルタイヤは自分でタイヤ交換できません。
    ということはバイクショップに出さなきゃいけません。
    ここでも今時のバイクは費用が掛かります。
    維持費用はさらにプラスになりますね。

    それよりも・・
    バイクのタイヤを交換してくれるショップがない田舎ではみんなどうしてるんだろうか?

    スポンサーリンク

    消耗品の代表の次席はブレーキパッド

    Toos

    フロントに関しては純正のキャリパーを使っていれば全然パッドが減りません。
    Z系に乗って30年近くになりますが初期化した時以外はほとんど交換したことないです。

    なんで減らないのかよくわからないくらい減りません。
    ただし、雨天では全然止まりません。
    ※たまに取り回しでキーキー言います。


    ここまでやっても雨では止まりません

    その代り、リアのブレーキパッドはかなり減ります

    自分の乗り方のくせなのかもしれませんが、リアのブレーキパッドばっかり減ります。
    ※タイヤもリアのほうが減るのが早いです。

    ブレーキパッドは資材やメーカーによって値段はピンきりです。
    パッドは数千円程度ですし、たまに安売りしているときもあるんでその際にまとめ買いしたりしています。
    ※どうせ一生乗るので邪魔にはならないと思います。


    ※値段はピンキリなので参考まで


    ワタクシのZ1-RはPM製のキャリパーがついてるのでこのブレーキパッドを使っています。興味ないですね・・

    Z1系オイルフィルターは安い

    Toos

    オイルフィルターは基本的にまとめ買いしています。
    これもどうせ一生乗るので常時ガレージにストックがあります。

    オイルフィルターの交換は年に一度するかしないかってところです
    ※オイルは春に一回必ず交換しています。

    オイル交換二回に一回フィルター交換

    と、よく言われますがすでに鉄粉などほとんど出ないように見えるし面倒くさいのであんまり交換しません
    ※でも二年に一度くらい交換してるから二回に一回の頻度って言えばその通りだな。

    こんな運用を20年以上続けています。
    以前に比べて距離も走らなくなったことだし、まあいいかと。
    オイルも安いのでいいし、維持費の安さという意味ではかなり優秀ですよ、Z系は。
    ※距離を乗る人はこの限りではないんでしょうけど。

    オイルフィルターよりオイル交換の頻度を上げた方が効果があるように思えます。
    田舎は渋滞がないのでエンジンが高温になりづらい気がします。

    スポンサーリンク

    Z1系にはそんなに高いオイルは必要ない

    Toos

    1リッターあたり数千円もするような高いオイルは一切使っていません。
    逆に壊れそうです。
    1リッターあたり500円程度の鉱物油を使っています。

    20W-50の鉱物油と10W-30くらいの鉱物油(部分合成も使うことあり)をブレンドして使っています。

  • 20W-50*2
  • 10W-30*2
  • という割合でブレンドして15W位の堅さを目指しています。

    これで一年中、ツーリングから峠まで使っています。
    ※最低年に一回、走行距離に関係なく毎年春先に必ず交換しています。

    高価なオイルなんか必要ない

    当倶楽部のZ1-Rにはショップが推奨するような高価なオイルは使っていません。

  • 20W-50はネットで箱買いしているシェブロンだったりします。
  • 10W-30のはホームセンターで安売りしてるカストロールだったりします。
  • 普段1万回転も回さない古い空冷エンジンにはそんなので十分です。

    Z1系に乗ってる人で

  • 高価なオイル入れて
  • 添加剤入れて
  • 2千キロで交換
  • ・・とかいう人がいますが、高級オイルはあの当時のエンジンにはもったいないです。
    どうせオイルなんて消耗品で一年で捨てるんだし。

    Z1系のオイルセレクトについては・・

  • 古い設計の空冷エンジン
  • 距離も走ってる
  • 各部のクリアランスの広くなってる
  • という音を考えれば堅めのオイルを使ってあげればいいと思いますよ。
    固いオイルは確かに高回転時は回転が鈍くなりますが、エンジン保護のためにはそれも仕方なしということです。
    逆に、柔らかいオイルを入れるとオイル上がったり下がったり滲んだりしますよ。

    オイルの量は3.7lですが、オイルクーラー分として300cc足しています。
    オイル量は多い方が冷却に有利ですのでオイルクーラーは有効だと思っています。
    空冷の車はオイルパンを大きくしたりしてまでオイル量を増やしたりするのは冷却の常とう手段です
    ※その代わりいったん熱くなると冷ますのが大変ですが田舎は空いてるので適当に流せばそれなりに冷えます。

    オイル一つとっても最新のリッター数千円のオイル入れなきゃ壊れるようなバイクの方がはるかに維持費が高いです。
    そんな高級車は高性能すぎてワタクシには使いこなせませんよ。
    ワタクシは、その分ガソリン代にして走り回りたい方です。


    大体12本、箱でまとめ買いします。


    バルボリンを使ったこともあります。

    プラグは結構消耗する

    Toos

    プラグも車検ごとに変えるくらいです。
    NGKのB8ESかB9ESを使っています。

    プラグは抵抗なんか入ってない一番安い奴で十分です。
    ※もちろん入手しやすい方でいいです。
    これも箱買いしています。

    最悪どんな田舎のホームセンターでも入手が可能なところも気に入っています。
    ※以前、四国の山の中でキャブ不調でオーバーフローして一気筒死んだときも助かったし♪以降常にプラグも携帯しています。

    プラグについてもイリジウムとかプラチナとか高いのありますが安い新品を入れ替える方が気分がいいのですよ♪
    プラグについても今時バイクの方が消耗品費は高いです。


    プラグB8ESも箱買いです。

    ちなみに・・

    NGKのB8ESはすげえ使いまわしがきくので、常にプラグのスペアはガレージにあります。

  • ロータスヨーロッパ(B8ES限定、たまに気分でB7ES使ったりします)も、
  • Z750D1も、
  • DT200WRも、
  • KDX125SRも、
  • KTM125EXCも、
  • 全部同じプラグで対応できます♪

    エアフィルターは自作する主義

    Toos

    ノーマルのエアクリボックス付きなのでエアフィルターは純正の乾式のものです。
    これがまた適当な形なので廃棄するエアフィルターを加工して自作することが可能です。

    エアフィルターは汚れてきたら消耗品として廃棄するのはもったいないです。
    フィルター内の濾紙を全部きれいに切り取って汎用品のデイトナのターボフィルターというスポンジを切って使っています。

    これなら、痛んだらスポンジだけ捨ててもいいし何より清掃が楽です。

    一時期はエアフィルタースポンジに

  • オフ車用のエアクリ用オイルを塗布したり
  • 2stオイルをしみこませてみたり
  • していましたが面倒くさくなってきたので今は完全に乾式で運用中です。

    こういう実験的なこともその時の思い付きでできるので自作エアフィルターはお勧めです。
    ※オフ車のエアフィルターも自作したいんですが、形が複雑すぎて・・形が単純なKDX125SRくらいなら自作可能かもしれません。

    ちなみに車もできるだけ自作しています♪
    これぞエコライフではないかと思うのですよ

    ちなみに・・

    当倶楽部の場合、ツーリング中に多少の未舗装路なら入ります。

    普通に未舗装のキャンプ場や海辺のキャンプ場にも行くのでエアクリの装着は必須です。

    雨天時のツーリングでエアクリボックスがついてないのはあり得ません。
    エアクリは入ってきた水分を下部から社外に排出する機能もあるんですよ♪

    車検は自分でやれば4万円もかからない

    Toos

    旧車こそ車検はユーザー車検をお勧めします。
    ショップは大抵受けてはくれません。
    仮に受けてくれたとしても原価の数倍の費用請求されることもあります。

    自分で通せば車検は税金も自賠責保険も含めて全費用で大体4万くらいで収まります。
    2019/06では3万円以下でした。

    ただし、消耗品は普段からちょこちょこ更新しています。

    これはZ1-Rのユーザー車検時のもの


    これはZ1-Rのユーザー車検時のもの

    古いバイクの車検は結構簡単です

    今のバイクの車検は排ガスだのなんだのと面倒なチェック項目がありますが古いバイクはそういう規制が緩いです。
    ので、一番落とされるのは光量だと思います。

    いったんバッテリーから直接配線するようなリレーを配置すれば大体問題なく通るでしょう。
    ※そんなに高くないです。

    ちなみに・・

    古いオフ車のユーザー車検は光軸とか光量とかで結構大変そうです。

    知り合いXR400乗りのI君は

  • 車検の時だけでっかい一灯のライトに変更
  • バッテリーをテールカウル上の小物入れに内蔵
  • ライトまでバッテリー直結
  • この仕様で車検に臨んでいます(笑)
    ※何度も車検に通ってるのがすごい。

    オフロードバイクはサスペンションが長くて
    人がまたがっただけで光軸がずれる
    と言ってましたがそんなもんですよ、バイクの光軸なんて。

    ワタクシの場合、光軸は自分でざっと調整します。
    車検落ちると嫌なので念のため車検場の近くのテスター屋さんで自賠責入るついでにチェックしてもらっています。

    Z系維持消耗品費のまとめ

    Toos

    Z1-Rは維持費は意外にかかっていません。
    そんなに維持費が高いなら貧乏なワタクシは25年も乗り続けられません。

    今時のバイクの方がよほど維持費がかかるはずですよ。

    結局、壊しちゃえばどんなバイクも修理費用が掛かるわけでこれを「維持費」と言われちゃえばそれまでです。
    ※ワタクシのZ1-Rはほとんど壊れませんよ。

    部品もサードパーティが細かいものまで出してくれていますので探す手間もないですし。
    デカいバイクの中では一番維持しやすいのがZ1系のバイクだと自信を持って言えます。


    チェーンもハブダンパーもがネットですぐ手に入るとは・・いい時代だわ♪

    旧車では中古車両とは言え、
    車体価格が高い=維持費が高いは嘘ですよ♪

    2020年時点の新車は25年乗ったらとんでもない金額になりそうです。

    メンテナンスについてもいちいち専門のショップに整備を頼めばそれなりに高額を請求されます。
    これも「維持費」として追加するととんでもない金額でしょうねえ。

    Z1系はシンプルで難しいメカでもないです。
    オーナーさんは自分でメンテナンスを覚えていくことをお勧めします。

    そもそも今の市場価格は異常

    ワタクシがZ1-Rを米国から引っ張ってきたときは乗り出しまで75万円くらいだったはずです。
    結局、自分でエンジンオーバーホールしたりしたので車両価格以外で100万円くらいは初期化にかかっていますね(笑)
    ※でもそれ以降はこの記事で書いたような維持費しかかかってませんので、四半世紀乗れば一年あたりにしてみりゃ偉く安いです。

    嫁のZ750D1は20年前に50万円でした♪

    車検も自分で通すので安いし保険も使ったことないので一番安い等級だしね♪
    エンジン作り直しやその他のかかった経費(当然何度かボッタクられてもいます)についてはいい勉強代です。

    結局維持費合計は25年でたぶん150万くらいでしょうか?
    もう一度言いますが一年にしてみりゃ安いもんですよ、ええ。
    これを高いとみるか安いとみるかは人それぞれです。

    今時のバイクは部品供給大丈夫?
    経験上、まず真っ先に外装パーツがなくなりますよー
    消耗品が安い方がいいに決まってるけど高性能パーツは無駄に高いですよ。
    車種ごとの専用設計は非常に贅沢ですが供給が無くなくなった時点で部品探しが大変そうです。

    少しの不具合でも大ごとになる前に対応してやることでバイクの寿命は飛躍的に延びるように思えます。
    アメ公の素人でもメンテナンスできるように設計されたZ1です。

    Z1系はメンテナンス自体が非常に簡単で楽しいので飽きずに乗れるコスパのいいマシンです

    Z1系の維持費や消耗品費はそれほど高くないということだけこの記事で伝わればオッケーです♪

    ちなみに・・

    当倶楽部のZ1-Rは、ワタクシ自身が10万キロ以上は走っています。

    正確な積算走行距離は不明です。

  • 純正メーターでも結構走ったし
  • メーターも何個か交換したし
  • 今ついてるメーターは、以前振動でメーター内部が壊れたのでメーターのオーバーホールに合わせて0リセットたものだし
  • 今のメーターになってからすでに4.0万キロくらい走っています。
    ※入手した段階で、メーター読みで60,000マイル以上は走ってたけどエンジン一度載せ替えてあるしよくわかりませんね。

    総走行距離は何キロ走ってんだ?この車体?ってくらい、ちゃんとやればZ1系は長持ちしますね。

    一台のバイクを長く維持すると一年あたりのコストは非常に安くなるのでお得ですよ♪

    スポンサーリンク








    古いバイクで遊ぶ場合は盗難保険&ロードサービス付きの保険に入っておくと安心です



    メンテによほど自信があっても出先で壊れることがありますよ
    ・・バイクって人気のないところに放置するとあっと言う間にハゲタカ(人間)にやられます・・
    特に今はバイクが高いです・・盗まれると二度と出てこないと思っていいです

  • ロードサービスプラン

  • 盗難保険プラン

  • フルサポートプラン


  • 盗難保険はなんと年4400円から入れます!







    -Z1-R, Z750D1, メンテナンス
    -, , , ,

    Copyright© 北信州のりもの倶楽部Ver2 , 2020 All Rights Reserved.