長野県にIターンしてやりたい放題!!特にのりもの関係は失敗ばかり♪そういったマイナーでも濃厚な仲間を増やそうともくろむブログ。

北信州のりもの倶楽部Ver2

Z1-R Z750D1 メンテナンス

カワサキZ1系の維持費と消耗品費はいくら?ビビる必要はない!

更新日:

フロントは19インチがいいよ、Z系は。
Toos

Z1-Rに乗ってていろんな人に声をかけられます

その中で良く聞かれるのが、維持費が高そう、ということです

が、
一回全部手を入れちゃえばほとんどお金かかりません
しっかりメンテしてあげれば維持費はびっくりするほどかかりませんよ
※どんどんカスタムしていくとかいうのであれば、それこそ湯水のようにお金必要だと思いますケド

まあ、維持費についてはピンきりなんでしょうが、何かの参考になればと思うので、一旦全部に手を入れた後の消耗品などについて少し記録しておこうと思います
※それよりも下手な個体をつかんだ後の初期化にかかるお金のほうが莫大です♪

余計なお世話コメント

この記事は、会社のPCでネットサーフィンでサボりつつ、手にれる前から「Z1 維持費」とか検索してる人向けです
※同僚にばれないように慎重に盗み見てください。ばれても知りませんが

一応音も出ないし、エッチな画像も出ませんので、もちろん携帯からは何時でもご覧いただけるようになっております

スポンサーリンク

まずはバイクや車を維持するうえで逃げられない税金

車検時にかかる重量税

■以前はこんな感じだった・・
  • 1900円(0~12年経過車)
  • 2200円(13年以上経過車)
  • 2500円/年(18年以上経過車)
  • 当然、2,500円に該当します

    ■2019/06にユーザー車検受けたときはこうなってました(怒
  • 初登録より13年未満の場合は、3,800円
  • 初登録より13年超~18年未満の場合は、4,400円
  • 初登録より18年超の場合は、5,000円
  • 当然、5,000円に該当します

    ※日本はどうしてこうも古い乗り物にやさしくない国なんだろうか?これほど自分たちの文化を大事にしないのかと思うと情けない。

    車検は自賠責保険含めて自分でやれば、
    消耗品変えたとしてもこみこみで、
    大体4万くらいで収まります

    ※2019/06では3万円以下でした。
    ■ユーザー車検関連記事









    毎年かかる軽自動車税

    6000円
    ※ちょっと前までは4000円だったのに・・

    タイヤはグリップ力よりも摩耗の遅さで選ぶ主義

    ここしばらくはミシュランのパイロットスポーツを入れています

    グリップ力もそこそこ、耐久性もある、高速道路はほとんど使わないので、最良のセレクトと思っています

    TT100GPを入れたときにあまりに早くなくなるリアタイヤがもったいないとか思っちゃったので。

    基本、ツーリング+たまに峠で遊ぶ、くらいではこの程度で全然いいです

    どのメーカーのどの銘柄選んでも、Z1系が新車だった頃のタイヤよりははるかに高性能だと思われます

    タイヤは自分で交換する


    タイヤは自分で交換する

    タイヤは前後で25,000円程度ですので減ってきたりなんか滑るなぁ、と思ったら交換しています

    ミシュランは結構ビードが堅いですが自分で交換しています
    ※タイヤは通販で取り寄せ、古タイヤは知り合いに有料で廃棄してもらっています

    最近のラジアルタイヤのバイクはタイヤ交換を自分でできないので、ショップに出さなきゃいけません
    バイクのタイヤの専門店がない田舎ではみんなどうしてるんだろうか?
    できることはできるだけ自分でやることで維持費は安く済んでいます

    昔のキャストホイールなのでタイヤチューブを併用しています
    でもタイヤ交換はかなり下手で、交換時にチューブに穴あけちゃうことがあるので予備のチューブも常備しています
    ※ツーリングの際にも必ず予備チューブは持参していきます

    所詮バイアスタイヤ、
    ハイグリップではないのでそこまで減らないし、
    走行距離も減った(冬走れないし)ので
    タイヤ自体の交換は大体4年に一度くらいの頻度です
    Z750D1も一緒に交換しますので、前後2セット同時に購入します

    2台分、合計4本タイヤ交換するとかなり自分が消耗します(笑)
    ・・・ううむ、歳は取りたくないな

    スポンサーリンク

    消耗品の代表、ブレーキパッド

    フロントに関しては純正のキャリパーを使っていれば、全然パッドが減りません

    なんで減らないのかよくわからないくらい減りません

    ただし、雨天では全然止まりません


    ここまでやっても雨では止まりません

    その代り、リアのブレーキパッドはかなり減ります

    まあ、自分の乗り方のくせなのかもしれませんが、リアばっかり減ります
    タイヤもリアのほうが減るのが早いです

    こちらもピンきりですが、
    パッドは数千円程度ですし、たまに安売りしているときもあるんでその際にまとめ買いしたりしています

    ※値段はピンキリなので参考まで

    Z1系オイルフィルター

    オイルフィルターは基本的にまとめ買いしています

    交換は年に一度するかしないかってところです

    二回に一回交換、とかよく言われますが、すでに鉄粉などほとんど出ないように見えるし、あんまり交換しません

    という運用を20年以上続けています
    まあ、一時に比べて距離も走らなくなったことだし、距離を乗る人はこの限りではないんでしょうけど。

    それよりはオイル交換の頻度を上げた方が効果があるように思えます

    オイルはそんなに高いものは使わない

    高いオイルは一切使っていません

    20W-50の鉱物油と10W-30くらいの鉱物油(部分合成も使うことあり)をブレンドしてっ使っています
    15W位の堅さを目指しています

    これで一年中、ツーリングから峠まで使っています
    ※最低年に一回、走行距離に関係なく、毎年春に必ず交換しています

    高価なオイルは使っていません
    10W-30のは、ホームセンターで安売りしてるカストロールだったり、
    20W-50はネットで箱買いしているシェブロンだったりします

    よく高価なオイル入れて、添加剤入れて・・とかいう人がいますが、そんないいオイルはあの当時のエンジンにはもったいない
    どうせ一年で捨てるんだし

    最新バイクでリッター数千円のオイル入れてる人いるけど、その分ガソリン代にして走り回りたい方です

    古い設計でクリアランスの広くなったお年寄りの空冷エンジンですので、堅めのオイルを使ってあげればいいと思いますよ
    柔らかいオイルを入れるとオイル上がったり下がったり滲んだりしますよ

    ちなみに量は3.7lですが、オイルクーラー分として300cc足しています
    ※オイル量は多い方が冷却に有利ですのでオイルクーラーは有効だと思っています。空冷の車はオイルパンを大きくしたりしてまでオイル量を増やしたりするのは冷却の常とう手段です

    プラグは結構消耗する

    B8ESかB9ESを使っています

    抵抗なんか入ってない、一番安い奴で十分です
    これを箱買いしています
    イリジウムとか高いのありますが、安い新品を入れ替える方が気分がいいのですよ♪

    ちなみに
  • ロータスヨーロッパ(B8ES限定、たまに気分でB7ES使ったりします)も、
  • Z750D1も、
  • DT200WRも、
  • KDX125SRも、
  • KTM125EXCも、
  • 全部同じプラグで対応できます♪

    すげえ使いまわしがきくので、常にプラグのスペアはガレージにあります

    エアフィルターはできるだけ自作する主義

    ノーマルのエアクリボックスがついていますので、エアフィルターは乾式のものです

    ので、いったん使って廃棄するのではなく、中の濾紙を全部きれいに取り外してデイトナのターボフィルターというスポンジを切って使っています

    これなら、痛んだらスポンジだけ捨ててもいいし、何より清掃が楽です

    普通に未舗装のキャンプ場とかにも行くので、エアクリの装着は必須です
    雨天時など考えるとエアクリついてないのは、いいことなさそうです
    エアクリは入ってきた水分を下部から社外に排出する機能もあるんですよ♪

    一時期は、オフ車用のエアクリ用オイルを塗布したり、2stオイルをしみこませてみたりしていましたが、今は完全に乾式で運用中です
    こういうのも気分でできるので、自作エアフィルターはお勧めです
    ※オフ車も自作したいんですが、形が複雑すぎて・・形が単純なKDX125SRくらいなら自作可能かもしれません

    ちなみに車もできるだけ自作しています♪
    これぞエコライフではないかと思うのですよ

  • 関連記事:-->エアクリ自作の記事はこちら
  • 車検は自分でやれば4万円でおつりがくる

    これはZ1-Rのユーザー車検時のもの


    これはZ1-Rのユーザー車検時のもの

  • 関連記事:-->2019/06にユーザー車検受けました♪事前準備編
  • 関連記事:-->2019/06にユーザー車検受けました♪車検当日編
  • 古いバイクの車検は結構簡単です

    今のバイクの車検は排ガスだのなんだのと面倒なチェック項目がありますが、古いバイクはそういう規制がありません
    ので、一番落とされるのは光量だと思います

    いったんバッテリーから直接配線するようなリレーを配置すれば大体問題なく通るでしょう
    ※そんなに高くないです

  • 関連記事:-->車検対策でライトの光量上げる記事はこちら
  • 古いオフ車の光軸とか光量とか結構大変そうですが、知り合いは車検の時だけでっかいライトにして、バッテリーをテールカウル上の小物入れに内蔵した上、車検に臨んでいるようです
    ※またがっただけで光軸がずれる、と言ってましたがそんなもんですよ、バイクの光軸なんて。

    光軸は自分で調整しますが、念のため車検場の近くのテスター屋さんで自賠責入るついでにチェックしてもらっています。
    ※バイクのユーザー車検については別途記事作成予定です。

    ■ユーザー車検関連記事








    Z系維持消耗品のまとめ


    チェーンもハブダンパーもがネットですぐ手に入るとは・・いい時代だわ♪

    車体価格が高い=維持費が高いは嘘ですよ♪

    まあお店に頼めばそれなりに高額を請求されると思いますが、そこまで難しいメカでもないですので自分で覚えていくことをお勧めします

    そもそも今の市場価格は異常

    ワタクシが米国から引っ張ってきたときは乗り出しまで75万円くらいだったと思う
    ※まあそれ以降直した金額が紆余曲折あって100万円くらいはかかっていると思うけど、四半世紀乗れば一年あたりにしてみりゃ偉く安い

    車検も自分で通すので安いし、保険も使ったことないので一番安い等級だしね♪
    エンジン作り直しやその他のかかった経費(当然ボッタクられてもいます)についてはいい勉強代です

    結局維持費合計は25年でたぶん150万くらいでしょうか?
    もう一度言いますが一年にしてみりゃ安いもんですよ、ええ

    これを高いとみるか安いとみるかは人それぞれです
    消耗品が安い方がいいに決まってるし、供給が無くなりそうな汎用性のないものを使っていると部品探しが大変そうです
    今時のバイクは部品供給大丈夫?
    経験上、まず真っ先に外装パーツがなくなりますよー

    恐らく自分で10万キロは走っていると思うけど、正確な積算走行距離は不明
    入手した段階で、メーター読みで60,000マイルは走ってたけどエンジン一度載せ替えてあるし、メーターも今ので3つ目。

    以前、振動でメーター内部が壊れたのでメーターのオーバーホールに合わせて0リセットして、
    今のメーターになってからすでに3.5万キロくらい走っている

    総走行距離は何キロ走ってんだ?この車体?ってくらい、ちゃんとやればZは長持ちしますね

    ワタクシがあんまり回さなく(回せなく)なったということもあるでしょうが

    バイクに限らずクルマもそうですが、
    速く走るとかこの際どうでもよくて、
    壊れないよう壊さないように気を使ってやる、
    きちんと定期的にメンテしてやるというのも運用者の腕じゃないかと思ったりします

    少しの不具合でも大ごとになる前に対応してやることで、飛躍的に寿命が延びるように思えます
    まあ、素人メンテナンスできるように設計されたZ1系はメンテナンス自体が非常に簡単で楽しいので、飽きずに乗ってるんだと思いますよー

    一台のバイクに長く乗るコツは、大きなトラブルの前に手を打つ、です

    これがこの記事で言いたいことですわ

    スポンサーリンク
    スポンサーリンク
    • この記事を書いた人
    • 最新記事

    Toos

    Iターンしてみたモノの、いろいろ手を出しすぎてよくわからなくなりつつも、全部やってみてどんどん失敗して諦めずに何とかする。 特に古いバイクや車は得意分野♪そのほかDIYでの家やガレージ作り、田舎の暮らしなどについても発信していきますよ♪

    -Z1-R, Z750D1, メンテナンス
    -, , , ,

    Copyright© 北信州のりもの倶楽部Ver2 , 2019 All Rights Reserved.