長野県にIターンしてやりたい放題!!特にのりもの関係は失敗ばかり♪そういったマイナーでも濃厚な仲間を増やそうともくろむブログ。

北信州のりもの倶楽部Ver2

Z1-R Z750D1 バイク メンテナンス

カワサキZ1の燃費が悪いのはキャブのせい?キャブと燃料回りまとめ

更新日:

Z750D1、世界一なめたZ乗りの嫁が乗ってる
Toos

旧車の調子が悪いとすぐキャブが・・って言いがちです
あながち間違ってないことも多いのですが、やることやらずにキャブだけのせいにしちゃだめですよ

あ、あくまでも画像はZ750D1で、お送りいたします

スポンサーリンク

正常なら公道レベルでエンジンぶん回しても10km/lを着ることはないと断言

経験上、Z1系のバイクの燃費が10km/lを切ったらもうどこかおかしいです

世の中には何と同じ思いで悩んでいる人が多いことか・・
※直接問い合わせが多いのはこれ系の話

うちのZ1-R(エンジンはZ1のZ1E型エンジンを積んでいます)では、高速とか流すと20km/lを超えますよ

Z750D1でもそんなもんです
※なぜかZ750D1のほうが若干燃費が悪い(多分高回転を多用するからだと思う)

-->Z1-Rの燃費についての記事はこちら



キャブ以外では、
点火タイミング悪くても、火花が弱くても燃費は悪くなりますよ

-->Z1系の電装系はこちらにまとめました



言っておきますがキャブは消耗品です

まさかいまだに、ノンオーバーホールの純正キャブ使ってたりしないでしょうね?

■当時ものは貴重かも知れませんが、性能的にはもう終わっています

キャブのボディが摩耗してますよ
こうなるとピストン交換してもダメです

また、オーバーフロー癖があるキャブも多いです
こうなると、常時しったかしったかキャブからガソリンが漏れます
キャブ下がガソリン漏れた跡があればほぼ間違いないです
キャブの下側、フロートチャンバー部を触ってガソリンの色が付くようならほぼ間違いなくオーバーフローしています

オーバーフローは、
フロートバルブ交換、フロートバルブシール交換で治る場合もあります

ワタクシは燃費改善のために最初にこれをオススメしています
※比較的安いパーツから交換していくのは旧車乗りのセオリーです(とはいえ4連キャブなので全部4個必要なのでいい金額になります)

スポンサーリンク

言っておきますがキャブは超精密機器です

調子の悪いキャブは大抵どっか詰まっています

キャブを分解清掃したのはいつですか?
乗らないで放置するだけでも結構キャブの中のガソリンは腐ります
※冬乗らない間はキャブのガソリン抜くとかやってますか?

純正キャブでもレーシングキャブ並みに気を使ってあげましょう
過去にどんな整備されてたかわかりませんよ
通気口を針金でほじくった跡があったり、ジェット類が詰まってたりは結構普通にあります
特にスロージェットは詰まりがちですので、清掃するとアイドリングが安定したりします

キャブは超精密機械ですのでその覚悟で全部ばらしてすべての穴にエアーを拭いて穴を導通させてくださいね♪
※これをやると、キャブの穴の一つ一つ、どこがどうつながってるのか理解できますよ

ネットで裏技的なセッティング系のネタが転がっていますが、素人は純正のマニュアル通りのセッティング以外はしちゃダメですよ
まずは基準値と基本的な性能、その時の感覚をきちんと押さえることが大事です

エアスクリューの戻し回転数とか、大丈夫ですか?
個体差もありますが、大体1+1/2程度で合わせるのが基本です
(当然同調などは必要です)

キャブは消耗品とはいえ、ダメもとでも一度すべて完全清掃してキッチリと純正のセッティングにしてみることをお勧めします
純正セッティングを基準としてからトラブルシューティングしていくんですよ
裏技も近道もありません。すべては経験です。

燃費が悪い理由はキャブだけじゃない

右上のコックはリプレイス品。純正はオフにしてもガソリンが止まらなかった・・

右上のコックはリプレイス品。純正はオフにしてもガソリンが止まらなかった・・

停車時に燃料コックをちゃんとオフにしてますか?

ガソリンコックはオフになってても、パッキンなどが傷んでガソリンだだ漏れになってるコックが本当に存在します
こうなると、キャブ側だけで受け止めきれず、ガソリンが溢れてくる(オーバーフロー)わけですよ

コックはサードパーティが純正っぽいものを再販してくれています
もう四の五の言わずに交換しちゃいましょう
純正はお宝として清掃後、神棚にでもあげておきなさい

コックを外したら、タンクの内部の錆も確認しましょう
もしかして一回も見たことない?
きちんと処理されていない場合、そりゃあもう錆びてますよ
ガソリンコックの穴に郵便局い突っ込んで、ぐるっと回して金属の粉上の錆が付いたらもうだめです

■外観はきれいでも、内側は錆錆っていうタンクが装備されたバイクが極上として売られてるのは旧車にはありがちです
旧車は特にタンクの鉄板が厚いので穴こそ開きませんが、ガソリンタンクってかなり錆やすい条件がそろっています
  • ガソリンで油分が飛ぶ
  • 結露しやすい
  • 雨が直接当たる(タンクの吸気穴からも水分は侵入する)
  • 熱に常時さらされている
  • ※タンクが錆びて穴開いたバイクは軽量化を追求した80年代以降の野外保管の車両に多い。昔Zじゃないけどマジで穴開いたことがある。

    旧車のガソリンタンクはキチンと防錆対策した方がいいですよ

    簡易的な錆の確認方法としては、
    ガソリンコックとキャブの間にガソリンフィルターつけてみて!
    すぐにでもうっすら錆(鉄の粉)がたまるようならもうアウトです
    そうなったらタンク交換もしくはタンクのリペアが必要です

    -->タンクリペアは穴が開く前に最強錆止めPOR-15のタンクリペアキットを使おう!という記事です



    錆がキャブに行くと、ガソリンをストップする機能(フロートバルブ)がとバルブシートに隙間ができるので、常時ガソリンは過供給状態になります
    ※要するにガスが濃い状態。酷いとプラグがカブります

    純正キャブがダメならレーシングキャブに変えるしかなくなるのか

    純正キャブが手に入らない場合はどうするか?

    結構みなさんCRキャブ系を選ぶ人が多いですね
    TMRとかFCRとかもいますね、お金持ちは。
    これってレーシングキャブなので街中というかツーリングでは微妙な使い勝手ですよ

    何せエアクリが付きません
    ※雨降るとガフガフ咳き込むようになり気が気じゃありません。マジで寿命が縮む思いです。

    -->Z1系エアクリーナー自作の記事はこちらです



    ■エアクリないメリットとか微々たるもんですが、デメリットは山のようにあります
    海では砂とか吸い込む
    山では空気の濃さが変わるのでせき込む
    キャンプ場では埃に悩まされる
    パワーフィルターには結構虫がついている
    って壊してんじゃん?

    あんまり最新のキャブを装着するとそこだけ「デザイン的に浮く」というのもオススメしない理由の一つだったりしますが、なによりレーシングキャブはセッティング作業が大変で面倒くさいです
    これでくじける人を多数見てきています
    キャブセッティングは、単気筒、シングルキャブでできない人は4連とか4気筒とか止めた方が無難ですよ
    少なくとも、10回以上はキャブを外してパーツを交換して試走・・を繰り返します
    それに天気次第、出先の標高次第、気温次第で全部ベストセッティングは違いますよ

  • セッティングパーツを集めるのが趣味
  • キャブを外すのが趣味
  • ツーリングよりもベストセッティングを出すのが趣味
  • でない限り、走ってる時間よりもセッティング時間の方が多くなりストレスになりがちです

    とにかく気楽に走り出せないとバイクに乗ること自体が面倒臭くなりますよ

    個人的にはゼファー用CVKキャブがオススメではある

    いいんですよ、格好悪くても。ちゃんと走る方が優先です

    いいんですよ、格好悪くても。ちゃんと走る方が優先です

    すでにいいものは手に入らなくなっているという噂の程度のいいゼファー用のCVKキャブがオススメです
    ※400ccでも750ccでもOK

    これなら4連キャブの取り付けピッチが同じなので、比較的容易に流用できます
    ゼファー750用のインシュレーターを利用して取り付けます
    ※取り付け穴は長穴加工しましょう

    セッティングは結構いい加減でも走っちゃいます

    ただし、このキャブにも欠点があります
    オーバーフローするとあふれたガソリンが全部エンジンのシリンダに入ります
    絶対設計ミスだよ、KAWASAKI
    オーバーフロー癖が付くと何やっても治りません
    しかも、フロートバルブシートの単体パーツが出ないときた
    困ったことにこの手のキャブ、長い間KAWASAKIのバイクに使われ続けていたのだった

    オーバーフロー癖が付くとエンジンかけた瞬間から白煙吹きますよ
    ※エンジンのかかりが異常に悪くなるし、走りながら徐々にプラグがカブる(寿命が縮まるわ)

    ガソリンコックはオフにする癖をつける

    どんなキャブ付けてても、Z1系のバイクはもちろん古いバイクは全部一晩以上駐車するときはもちろん、ちょっと長めに駐車するときでもガソリンコックはオフにしておきましょう

    全ての旧車に言えますがキャブ様だけにガソリンを止めてもらおうとか思わないほうがいいです

    特に古い2st乗りはこの辺をよく知っています
    古い2stはガソリンがキャブの中を川のように流れることが前提の設計なので比較的かぶりやすいため、オーナーさんは普段から気を使っているのだ
    ※ツーリングに予備プラグを携帯している人も多いですよ(うちも必ずプラグは携帯しています♪)

    まとめ

    Z1に限らずですが燃費が悪いと感じたら、まずついているキャブを清掃して純正のセッティングにしましょう

  • この際、点火時期や火花の強さも確認
  • プラグの状態見てカブっているようなら燃料供給系を疑う
  • タンク内の錆の状態確認
  • そこまでやって改善しなければ、

  • 今ついているキャブを完全清掃&オーバーホールする
  • ※純正キャブの賞味期限はもう終わってるとしても、です

  • それでもだめなら思い切って純正以外のキャブの導入を考える
  • とにかく費用が安いほうから手を付けるのがセオリーです
    高額なパーツを買うとプラシーボ効果でまともな評価ができなくなります
    ※実はこういう頭でっかちな人、ものすごく多いのが現実です

    お店に丸投げもいいですが、ある程度自分で触った経験がないとお店にぼったくられますよ
    バイク業界でも情報弱者は損するようにできています

    少なくとも、普通に公道で使っててよほど過激なセッティングしていない限り、Z1、Z2系のエンジンを公道でどんなに回したって、10km/lは切りませんよ
    ※こんなもんですよ、というお店は信用しない方がいいよ♪

    というZ1に限りませんが、旧車の燃費が異常に悪い場合の対策記事でした

    スポンサーリンク
    スポンサーリンク
    • この記事を書いた人
    • 最新記事

    Toos

    Iターンしてみたモノの、いろいろ手を出しすぎてよくわからなくなりつつも、全部やってみてどんどん失敗して諦めずに何とかする。 特に古いバイクや車は得意分野♪そのほかDIYでの家やガレージ作り、田舎の暮らしなどについても発信していきますよ♪

    -Z1-R, Z750D1, バイク, メンテナンス
    -, , , , , , , , , , , , , , ,

    Copyright© 北信州のりもの倶楽部Ver2 , 2019 All Rights Reserved.