Lotus EUROPA

ロータスヨーロッパの最高速は?高速道路では超怖い乗り物です。

Toos

基本的にロータスヨーロッパでなるべく高速道路は乗りたくありません。

遠乗りするのは嫌いじゃないんですが、高速道路ってこの車では怖いしツマラナイんですよ・・

購入する予定のある人は参考にしてください。
※いるのか?そんな濃厚民族。

直線が怖い車ってのもなかなかないと思うので記事にします。

スポンサーリンク

恐ろしいほどの高速での性能

Toos

某有名漫画では「高速性能もいい」みたいな書き方をされていますね。
・・・嘘です

このハンドルが繊細過ぎて・・逆襲のシャアのνガンダムのフィンファンネル並みの感度です。

それでも、40ン年前の車にしてはよく走るとは思います。

ただ、高速道路では

スポンサーリンク
  • ハンドルを1センチ切っただけで隣のレーンに行っちゃいそうだわ
  • フットレストがないので左足がつりそうになるわ
  • トラックの死角に入ると全然気が付かれないわ
  • パワー的に追い越し加速が緩やかだわ
    ブレーキもそんなに効かないわ

    などなどいろんな困った現象が起こります。

    トラックと並走すると間近に見えるトラックのタイヤに恐怖を感じます。

  • 目と同じ高さで
  • 3mくらいしか離れていない場所で
  • トラックのでかいタイヤがぐるぐるまわっている
  • というのは真面目に命の危険を感じます。

    その上、
    ぬわわkm/hくらいからの加速力はあんまりよろしくないので抜きどころが難しいんですよ、困ったことに。
    上り坂での追い抜きはちょっと頑張らないといけません。

    さらに、
    はっきり言うとブレーキの効きがよろしくありません。
    車間距離はマジで大事なんですよ♪

    高速走行中に事故でもしたらFRPのボディはひとたまりまりません。
    多分、即死です。
    なので、超安全運転になります。

    それが御身のためですよ、大佐♪

    恐ろしいほどの最高速は?

    Toos

    おおっぴらに言えませんのでぬえわkm/hとしておきます。
    ※大体100km/hで巡航しております♪

    命を懸けて頑張れば、
    ぬえわkm/hは出ますが恐ろしくてその速度をキープなんかできません

    大体、旧車のメーターなんかあてになりません。
    ※高速走行時はGPSでの速度監視しといたほうが正確っぽいです。

    何よりスピードメーターの針がぐわんぐわん踊りまくるので正確な値じゃないと思います。
    ※簡単なメンテナンスで直りました。

    結論から言うと、
    ロータスヨーロッパは高速走行が得意な車じゃないです♪
    ※そういうところもスーパーカーらしくなくてよろしい

    もっというと某漫画のウィングは意味がないです。

    どうせ、そんなにスピード出せる車ではないし、ライトウェイトスポーツカーに重い物付けるのはナンセンスな気がします。

    漫画、サーキット狼は結構大げさに書かれていて適当です♪

    スポンサーリンク

    恐ろしいほどの高燃費

    Toos

    高速道路で100km/hで巡航すると普通に18km/lくらいの燃費をたたき出します。
    主治医が言うことにゃ、20km/lも十分可能である、ということです。

    きっちり満タン法で測ったわけではないので実際は20km/lくらいの燃費なのかもしれません。

    しかも、
    上信越道の下り(山に向かってずっと上り(ややこしいな))での実測ですので、逆方向だともっといいのかもしれません。
    関越道から長野方面に向かっての走行時の記録です。
    ※普段は燃費なんかほとんど気にしたことないです。タンクがでかいので全然減らないし。

  • おもてなし装備が一切ついてない軽量車体
  • 低い車体は空力抵抗がいい
  • 燃費のよさそうな回転域
  • を使い続けることが高燃費の原因かもしれません。

    とにかくロータスヨーロッパは快調でああれば驚くほど燃費がいいです。
    ※驚いたことにトリップメーターはGARMINのGPSとほとんど誤差がないのですよ。

    GARMIN GPS 何かと記録をとるとき便利!
    created by Rinker

    標高の高さ、移動距離など各セッティングデータを取るのに重宝しています。

    ちなみに・・

    キャブセッティングはほとんど主治医にまかせっきりで不満はありません。

    ワタクシは
    標高の高いところで結構使うのでよろしく♪
    と伝えたくらいです。
    ※温まるまで出足が少しぐずってたことがあるけど車検時にそう伝えたらバッチリになって戻ってきました♪

    キャブはウェーバー二連装に乾燥されています。
    エアクリーナーボックス付けています。

    勉強用に中古のウェーバー買ってみたりしましたが、自分でセッティングする必要が全くないくらいです。
    ※外して清掃くらいはしましたが。

    やはり、本当に腕があるプロにはかないません。

    スポンサーリンク

    恐ろしいほどハンドルから手を離せない

    Toos

    ロータスヨーロッパはハンドリングが過敏すぎます。
    ハンドルに遊びが全くありません。

    高速道路でも一般道路でも運転中はハンドルから一瞬たりとも手を放すわけにはいきません。
    当然、コーヒーとか飲めません。
    大体、ドリンクホルダーがありません

    なので、
    ドリンクはドアの小物入れに挟んでおきます。

    キャップ付きの缶コーヒーなんか走行中にフタ開けて飲むのは自殺行為です。
    ただし、キャップ付じゃないと中身がガンガンこぼれます♪

    ハンドルに遊びなんてもんは一切ないので1センチハンドル切ると隣のレーンに行くイメージです。
    ※大げさじゃなく、です。

    ちなみに・・

    左後方はミラーでは全然見えません。

    従ってレーンチェンジや合流の際は振り返って確認するのですが、頭をふって後方確認するだけでも左側に寄っていく気がします。
    マジで気のせいじゃないです。

    スポンサーリンク

    恐ろしいほど隣の人と会話が出来ない

    Toos

    背中にエンジンを背負っているのでエンジン音はかなりのもんです。
    ボディのチリが合わず、隙間だらけなので風切り音もものすごいんです。

    当倶楽部の個体は、
    かなりエンジン音や排気音は静かな方です。
    それでも前のオーナーが、エンジンルーム内に入れた遮熱用のステンレスの板がものすごい音を出します。

    板自体はリベットできちんと固定してあるんですが、振動と走行風でたわむらしく音がすごいので改善しようと思っております。
    ※この板のおかげで、ガソリンが沸騰するパーコレーションが防げている・・はずです。

    ちなみに・・

    高速道路からの景色は全然見えません。

    見えたとしてもガードレール、その隙間から見える景色くらいです。
    高速道路の横には海が広がってる・・はず。
    というような想像力を掻き立てる素晴らしい車です。

    もちろん一般道でも景色は全く見えません♪

    いろんな騒音があるので、
    高速道路ではラジオやCDもろくに聞こえません
    同乗者にはあらかじめそういったことを伝えて置いた方がいいです。

    もちろん、高速走行中は同乗者との会話すらままなりません。
    言っておきますが相当慣れるか諦めてもらわないとデートに使える車ではありません

    恐ろしいほどのまとめ

    ロータスヨーロッパという車は、

  • そんなに高速走行は得意ではない
  • ハンドル操作が微妙すぎる
  • 高速で楽をできる車ではない
  • 音がうるさい
  • 燃費はものすごいよろしい♪
  • ETCのゲートをくぐれそう♪
  • とまあ、高速走行にはあんまり向かない車であると言えるでしょう。
    何せ高速道路はあんまり楽しくないです。

    ロータスヨーロッパは空いている高原道路を快走するのが最高です。

    ロータスヨーロッパは空いている高原道路を快走するのが最高です。

    ともあれ、
    1,600cc弱の排気量の旧車で高速道路をガンガン飛ばすっていうのは無理があります。

    ブレーキもあんまり効かないので車間距離も取るようにしているし、勢い安全運転になるっていうもんですよ♪

    狼の漫画に憧れて乗ろうと思ってイメージと違う

    という、人は速やかに漫画から卒業しましょう♪
    ※絶対あんな風に走れないし、助手席の女の子にシフト任せるとか絶対無理です。

    とはいえ、高速道路以外はほんとに楽しい車です。

    というわけで、
    楽しく乗ることを第一優先に考えて乗ればいいのではないでしょうか?
    古い車やバイクはみんなそうだと思うんですよ、ええ。

    この手の旧車は安全第一「無事これ名人」の精神は大事です。
    ※まだ死にたくないし。

    結局こういう無理させすぎない運用が壊さない理由なのかもしれません。

    結局、高速道路は怖いしつまらないので出かける際は、いつも極力高速を使わないルートを模索しています♪

    スポンサーリンク







    ロータスヨーロッパをもっと知りたい!






    ロータスヨーロッパに関する記事を一覧にまとめました











    足車はここで探せ!乗りつぶすつもりなら新車は不要!



  • 旧車一台だと故障だトラブルだで結構厳しい!

  • 趣味車だけだと、世間の目が厳しい!

  • 安心して遠出できる車が無いとなぁ・・


  • なにより、趣味車を普段使いするのはもったいない!!

    なら普段使いの車を安く手に入れちゃえばいいんですよ♪






    とにかく安い中古車探しなら、TVのCMでもおなじみの「ガリバーフリマ」

    ワタクシが見たときは、BMW116iが、3万円(笑)
    新車買うの馬鹿らしくなります










    「ガリバーフリマ」


     個人間売買の仲介サービスです。
     個人間売買でよく起きるトラブルの部分をガリバーが仲介しているので安心!
     さらに販売店を通さないので中間マージン分お得に自動車の購入・売却ができます。


     玉石混合のヤフオクより、程度に対する安心感が高い上に安い!
     ※出物があればお得感はものすごく高いです!が、お買い得車との出会いはタイミングです



    ◆長野県にあるガリバーフリマ店舗(第1号店舗)

    開店日       :2018/12/15
    店舗名       :ガリバーフリマ長野柳原店
    郵便番号      :381-0012
    住所        :長野県長野市柳原1302-59


    -Lotus EUROPA

    © 2020 北信州のりもの倶楽部Ver2