長野県にIターンしてやりたい放題!!特にのりもの関係は失敗ばかり♪そういったマイナーでも濃厚な仲間を増やそうともくろむブログ。

北信州のりもの倶楽部Ver2

Lotus EUROPA

ロータスヨーロッパは高速道路では超怖い?最高速は?

更新日:

Toos

基本的にロータスヨーロッパで高速道路は乗りたくありません
だって高速道路はものすごく怖いので♪

うちのロータスヨーロッパTCはこの2018年10月には入手後4回目の車検を迎えます(入手時は1年ちょっと車検残ってた)
基本的に壊れた個所は全部自分で対応しているので、主治医のところに持ってって車検通してもらうだけなのですが、200km以上あるので仕方なく高速道路を利用します

これがまた(笑)・・・いや笑えない

遠乗りするのは嫌いじゃないんですが、高速って結構この車では怖いんですよ・・
直線が怖い車ってのもなかなかないと思うので記事にします

購入する予定のある人は参考にしてください
※いるのか?そんな濃厚民族

スポンサーリンク

恐ろしいほどの高速での性能

このハンドルが繊細過ぎて・・逆襲のシャアのνガンダムのフィンファンネル並みの感度です。

某有名漫画では「高速性能もいい」みたいな書き方をされていますね
・・・嘘です

まあ、40ン年前の車にしちゃかなりまともな部類だと思うんですが、
  • ハンドルを1センチ切っただけで隣のレーンに行っちゃいそうだわ
  • とかフットレストがないので左足がつりそうになるわ
  • トラックの死角に入ると全然気が付かれないわ
  • などなどいろんな困った現象が起こります。

    トラックと並走するとき、トラックのタイヤの大きさを実感すると結構恐怖です♪
    目の高さで、2mくらいの距離ででかいタイヤがぐるぐるまわっているさまはちょっと命の危険を感じます

    -->ロータスの車高が低いとはこういうことだ!という記事はこちら

    その上、「加速力はあんまりよろしくないので抜きどころが難しい」んですよ、困ったことに。

    ブレーキもはっきり言うと効かないので車間距離は結構とっておきましょう♪

    それが御身のためですよ、大佐♪

    恐ろしいほどの最高速は?

    まあ、おおっぴらに言えませんので、100km/hで巡航しております♪

    ぬえわkm/hは出ますが、恐ろしくてキープなんかできません

    メーター読みも思いっきりくるってると思うし、何よりスピードメーターがぐわんぐわん振れまくるので正確な値じゃないと思うッス
    高速走行時はGPSでの速度監視しといたほうが正確っぽいです

    結論から言うと、
    高速走行は得意な車じゃないっす♪
    ※そういうところもスーパーカーらしくなくてよろしい

    もっというと「某漫画のウィングは意味がない」です

    そんなにスピードでませんし、後ろが重くなる方がヤダ。
    サーキット狼、結構適当です♪

    スポンサーリンク

    恐ろしいほどの高燃費

    100km/hで巡航すると、普通に18km/lくらいの燃費をたたき出します
    主治医が言うことにゃ、20km/lも十分可能である、ということです

    きっちり満タン法で測ったわけではないので、それくらい行ってるかもしれません
    しかも、上信越道の下り(山に向かってずっと上り(ややこしいな))での実測ですので、逆方向だともっといいのかもしれません

    おもてなし装備が一切ついてない軽量車体で空力抵抗もよく、
    燃費のよさそうな回転域
    を使い続けることが高燃費の原因かもしれません
    とにかく、この車は驚くほど燃費がいいです
    ※驚いたことにトリップメーターは一応GPSとそんなに誤差がないのだった

    ちなみにキャブセッティングはほとんど主治医にまかせっきりで不満はありません

    ワタクシは、標高の高いところで結構使うのでよろしく♪といったくらい

    ※出足が少しぐずってたことがあるけど、車検時にそう伝えたらバッチリになって戻ってきた♪

    ちなみにウェーバー二連装です

    恐ろしいほどハンドルから手を離せない

    ロータスヨーロッパでは運転中はコーヒーとか飲めません

    まずドリンクホルダーがありません

    ので、ドリンクはドアの小物入れに挟んでおきます

    キャップ付きのコーヒーとか走行中に開けて飲むのは結構自殺行為ですが、キャップ付じゃないと中身がこぼれます♪

    すでに書きましたが、ハンドルをちょっと切っただけで本当に隣のレーンに行っちゃうので、油断も隙もないです
    当たり前ですが、ハンドルに遊びなんてもんは一切ないです

    1センチハンドル切ると隣のレーンに行くイメージです

    ちなみに、左後方はミラーでは全然見えないので、振り返って確認するだけでも左側に寄っていく気がします(結構気のせいじゃない

    恐ろしいほど隣の人と会話が出来ない

    背中にエンジンを背負っているので、音はかなりのもんです

    うちの個体はかなりエンジン音や排気音は静かな方ですが、遮熱版として前のオーナーが入れてくれたステンレスの板が振動でものすごい音になります

    きちんと固定してあるんですが、走行風(?)でたわむ音がすごいので、改善しようと思っております

    ※この板のおかげで、ガソリンが沸騰するパーコレーションが防げていると思いたいが、そんなに渋滞にあったことないや

    ラジオやCDもろくに聞こえませんので、同乗者にはあらかじめそういったことを伝えて置いた方がいいです

    そんななので、同乗者との会話すらままなりません
    言っておきますが相当慣れるか諦めてもらわないとデートにはつかえません

    ちなみに、景色は全然見えません
    見えたとしてもガードレール、その隙間から見える景色くらいです

    恐ろしいほどのまとめ

  • そんなに高速走行は得意ではない
  • ハンドル操作が微妙すぎる
  • 高速で楽をできる車ではない
  • 音がうるさい
  • 燃費はものすごいよろしい♪
  • ETCのゲートをくぐれそう♪
  • とまあ、高速走行にはあんまり向かない車であると言い切ります

    ともあれ、1,600cc弱の排気量の旧車でガンガン飛ばすっていうのは無理があるので、安全第一「無事これ名人」の精神ではしっちょります

    結局こういう無理させすぎない運用が壊さない理由なのかもしれません

    ブレーキもあんまり効かないので車間距離も取るようにしているし、勢い安全運転になるっていうもんですよ♪

    こういう意味でも「狼の漫画に憧れて乗ろうと思ってイメージと違う」とかなっちゃうと悲しいので、楽しく乗ることを第一優先に考えて乗ればいいのではないでしょうか?
    古い車やバイクはみんなそうだと思うんですよ、ええ

    そんな緊張感って、普段の生活には全くないですわ
    刺激って大事♪

    とか強がっていますが、出かける際は極力高速を使わないルートを模索するのだった

    スポンサーリンク
    スポンサーリンク
    • この記事を書いた人
    • 最新記事

    Toos

    Iターンしてみたモノの、いろいろ手を出しすぎてよくわからなくなりつつも、全部やってみてどんどん失敗して諦めずに何とかする。 特に古いバイクや車は得意分野♪そのほかDIYでの家やガレージ作り、田舎の暮らしなどについても発信していきますよ♪

    -Lotus EUROPA

    Copyright© 北信州のりもの倶楽部Ver2 , 2019 All Rights Reserved.