長野県にIターンしてやりたい放題!!特にのりもの関係は失敗ばかり♪そういったマイナーでも濃厚な仲間を増やそうともくろむブログ。

北信州のりもの倶楽部Ver2

クルマ バイク メンテナンス

車の無塗装樹脂バンパー、バイクのオフ車の外装、白濁すると貧乏くさい

更新日:

塗った直後は確かにきれいになる
Toos

古いHONDAのバイクのウィンカースイッチの黒
古いHONDAのオフ車の色あせたレッド
古いKAWASAKIのオフ車の色あせたグリーン
車の無塗装樹脂バンパー、ミラーなど本来黒い部分の白濁化・・
結構外装樹脂って傷みやすいですな
※ひどいのになると粉吹いちゃって、粉砕・崩壊しそうで怖いわ

この対策と対応について、長いこと研究してみたのでまとめてみる

塗った直後は確かにきれいになる

塗った直後は確かにきれいになる

スポンサーリンク

白くなる原因は紫外線

外装の樹脂パーツが白濁するのは、紫外線が主な原因といわれています
まあ、それ以外にも跳ね石などですでに傷がついてる等で白濁化が加速するとは思います

経年劣化というやつですな、わっはっは♪

ただし、本来の色があせてくると非常に貧乏くさい
ほかの合わせ部との色の差が出てくると、なお一層貧乏くさい

ちなみに・・
ワタクシは、赤いラパンSS号が部分的に色あせてきたので、あっさりと全塗装してしまいました
SUZUKIの安っぽい赤で塗っておくれよ!
と粋にオーダーしたら、断りもなくアルファロメオの赤で塗られて、
「こういうの好きじゃん♪」
という一言で済まされましたが、
塗料の原価の高さを知ってビビったうえ、
ほかに見たことないかっこよさになったのでこれはこれで良しとしています♪
これ以上きれいなラパンSS(赤)を、いまだかつて見たことないのですげえ気に入ってる(新車購入で10万キロ超えましたが)
※再塗装後は、バリアスコートでガンガンコーティングしたので全然色あせない(もう6年以上、野外保管)

バリアスコート施工後02

バリアスコート施工後02

黒い部分はより黒くがきれいに見せるコツ

黒色パーツの黒度合いは、はっきりしている方がいいに決まっています

タイヤワックスなど使ってタイヤがきれいになると一気に車が締まって見えます
バイクでタイヤワックスをトレッド面に使うと滑りそうなのでサイド面だけ、ぼろきれで拭くとかのほうが良いです
※ユーザー車検の前は絶対にこれやります。検査官の印象が違います

金属系であれば、塗装しちゃうのがいいんですが樹脂は色が乗らないものが多いです

一時的に塗料色が乗ったとしても、パーツがたわむと塗料がはがれてきたりします
よほどしっかり足付けすれば、特殊塗料なら乗るかもしれませんが、お勧めはしません
伸縮性のある塗料、とかならいいのかもしれませんが、そんなの聴いたことないです
出来るなら、ワタクシのDT200WRも塗ってもらいたいもんです
ガンガン林道とかガレ場とか走りますが、はがれない塗料なら♪
※DT200WR販売終了後に出た青いDT230LANZAのフロントフェンダーが塗装だと知ったときはびっくりした。一回こけて傷がつくとそこだけ白い地が出る(笑



スポンサーリンク

やってみたこと(シンナーで磨く)

オフ車の外装や、無塗装バンパーに使われている材料のPP系(プロピレン)、PPP系(ポリプロピレン)樹脂は、シンナーに多少耐性がないということを聞きました

ので、ご家庭用の塗料のうすめ液を利用して、
軽トラ(HIJET)のバンパー部
KAWASAKI KDX125SRの外装部分
をそれぞれ時間をかけてボロ雑巾で磨いてみました

すごーく時間をかけて磨いた結果、KDXのほうは多少良くなった気がします
軽トラも磨く前より、多少は黒さが戻ってきた気もします

その他、ガソリンで磨いてみたこともあるが劇的な効果は見られず

効果は持続せず、3日と絶たないうちに元に戻りました・・

やってみたこと(バーナーであぶる)

要するにガストーチで表面を溶かしてみようという発想です

ガストーチはさすがにパワーがありすぎで、溶ける、燃えるに発展しそうだったのでやめました
炎との距離感がわかりません

バーナーやトーチでやると穴が開きそうだ

kboyd / Pixabay バーナーやトーチでやると穴が開きそうだ

枯草に点火するその名も「ちょろやき君」という「ガスボンベ式の長い着火マン」みたいなやつであぶってみるとそれなりに効果はあるようですが、加減がわからず怖いのでやめました
※この発想だと、ヒートガンとかうまく使えば行ける気もします

穴開けてもいいとかそういうブルジョアな発想はワタクシにはありません
全てが大事なパーツでございます

というわけで、とん挫いたしました

やってみたこと(スーパーハード)

信頼するケミカルメーカー、WAKO'Sのスーパーハードという商品がネットで好評価だったのでつかってみる

が。

ネットのような絶大な効果が見られず
シンナーで拭いたのとそんなに変わらないという、とほほな結果に。
※薬液の値段は数倍でしたが

それでも、がんばれWAKO'S
いつでもワタクシは君の味方だ
※バリアスコート、最高です。これを超える洗車道具は現時点でおそらく存在しないというほどファンです♪

やってみたこと(樹脂復活剤)

たまたまホームセンターで見かけた高価な薬液「樹脂復活剤」を利用してみます
結構、きれいになりますし何よりお手軽です

特に無塗装の黒樹脂部は目に見えて綺麗になります

塗ってる途中で撮影したワタクシにしては珍しい画像

塗ってる途中で撮影したワタクシにしては珍しい画像

が。
効果の持続性が低い
3日から1週間くらいで元に戻っていきます
結構高かった(1000円以上)のに・・

表面上を滑らかにコーティングしているだけなのかもしれませんね
もう一度、説明書を読んできっちりやってみます



やってみたこと(耐水ペーパー&シンナー&バリアスコート)

KDX125SRのテールカウル(入手時から思いっきり穴開いてました)に限って部分的に実験後、車体全体に派生

結構いい具合につやが出ました
ここまでするのに数時間かかっています(笑
費用対効果というか、ワタクシの労力をお金に換算したら新品出るなら買った方が安いのかもしれません

特記すべきは、
フロントフェンダーの傷みが激しく、サンドペーパーがかけづらいととと、
ライトカウルは劣化がひどいけど磨きづらいことかな?
結局、KDXのカウルはデザイン的に好きじゃないので、シェルパのカウルにしちゃいましたけど♪
でもいいんです、満足です
結局、MDFのステッカーセット(高い)張ったらどうでもよくなるくらいかっこよくなった

好き勝手にいじくれるのも原付2種のいいところ

好き勝手にいじくれるのも原付2種のいいところ

ちなみに
ワタクシは、KAWASAKI乗りの端くれですが、実はライムグリーンが大嫌い
※街中でどんな格好して乗れってんだよ、あんなアマガエルみたいな色(マニアに怒られそうだが)
なので、MDFステッカーでそこそこグリーン部が減ったので大満足だ

一応、ぎりぎり普通の格好で街中でも乗れるレベルにはなったつもり
原付2種の維持費の安さも手伝って、街乗りコミューターとして大活躍中
※二人乗りで、蛍を見に行っても全然OKな走破力もあるし♪



やってみたこと(シリコンスプレー)

要するに油で表面を覆う、という発想です

軽トラのバンパーに多めにスプレーして、5分ほど放置後ウェスでふき取ってみました

なんということでしょう♪
結構きれいに黒くなります

これを数度繰り返すと結構いい感じに黒くなります
が、おそらく雨天での運用後は流れちゃうんでしょうねえ

ここ一番、一時だけ持てばいい!というのであれば一番安く見栄えが良くできる気がします
ポイントは、多めに吹きかけてしばらく放置、を繰り返すことです

シリコンスプレーは、エンジンルーム内に吹きかけておいてもきれいに見えるので結構好きです
※安売りしてる時に大量に買い込むのだ

まとめ

オフ車の外装を、FRPとかで作ったらこけるたびにバキバキになるので、PP系の外装は歓迎ですが、古くなると一気にみすぼらしくなるのはいただけないですな
全塗装で逃げることこともできないし
※モタード風にオンロードしか走らないのであれば、外装一式FRPで作ってもいいかもしれませんが、ワタクシには無理です

車についても今時は貧乏くさい無塗装パーツは減りましたが、ちょっと前の安価な車は結構使用率が高かったように思います
主に働く車系に多かったような気が・・

外車などは「どうせぶつけるんだしバンパー塗るとか無駄!」という発想なので、多くの安価なグレード車両に使われていましたね
今でも生産国内では普通に流通してるのかしら?
※FIATリトモとかマジでかわいいです。ちょっと欲しい

かわいいがバンパーが白濁する

かわいいがバンパーが白濁する

褪せてきた色、白濁した樹脂は、所有満足を著しく損なうものであるし、いつも目に入る場所ならなおさらです
なので、樹脂が痛み切る前に何らかの対策をしておくと長く相棒として活躍してくれるでしょう

これからも無塗装樹脂との闘いは続くと思われるので、追ってレポートを追加する所存です
※ガレージ保管するようになったら、外装の傷みが遅くなったのを実感できました

塗った直後は確かにきれいになる

塗った直後は確かにきれいになる

問題は、軽トラのバンパーの白濁を何とかしたいのだ!
その前に軽トラが壊れるかもしれんが!
次に買う軽トラは塗装してあるバンパーの奴がいいと思っているが!

スポンサーリンク
スポンサーリンク
  • この記事を書いた人
  • 最新記事

Toos

Iターンしてみたモノの、いろいろ手を出しすぎてよくわからなくなりつつも、全部やってみてどんどん失敗して諦めずに何とかする。 特に古いバイクや車は得意分野♪そのほかDIYでの家やガレージ作り、田舎の暮らしなどについても発信していきますよ♪

-クルマ, バイク, メンテナンス
-, , , , , ,

Copyright© 北信州のりもの倶楽部Ver2 , 2019 All Rights Reserved.