周囲はシリコンスプレーしたもの。

周囲はシリコンスプレーしたもの。

クルマ バイク メンテナンス

シリコンスプレーは手軽にプラスチックの劣化を復活可能。万能選手だ。

スポンサーリンク




 

ワタクシ
バイクや車の外装部品が劣化して白っぽくなりますね?
樹脂の簡単な色あせ対策に「シリコンスプレー」をオススメします。

一番手軽で・安価で・効果がわかりやすいです。
500円もしないので暇つぶしにやってみるのもオツです。
シリコンスプレーは無駄にはなりません♪


 

余計なお世話コメント

この記事は、会社のPCでネットサーフィンでサボりつつ、旧車の維持管理に日ごろから悩んでいる人に喜んでもらえれば幸いです。
※ばれないように慎重に盗み見てください。ばれても知りませんが

もちろん携帯からは何時でもご覧いただけるようになっております。

 

スポンサーリンク

バイクや車の無塗装プラスチックや樹脂の白濁はダサい

 

ワタクシ
乗り物の無塗装樹脂パーツはどうやっても劣化して白濁します。
そりゃ紫外線に常時さらされ、雨天でも野外保管されてれば、痛みますがな。

 

特に、
バイクの無塗装樹脂白濁は一気に古臭く感じるんですよねえ。
オフロードバイクの外装なんか粉吹いちゃってる古い個体もよく見かけます。

スポンサーリンク

完全にガレージ保管ができればまだいいんですけどね。
※都会ではガレージとか夢ですよねえ・・車やバイクの趣味を満喫するなら田舎に住みましょう♪

 

 

ちなみに・・

一番、色あせない無塗装樹脂は白ですよ。

91年式の白いYAMAHAのオフロードバイクを複数台所有しています。
いずれも中古購入ですがYAMAHAの白は白濁しずらい気がします。
白は紫外線を反射するんでかね?
※保存状態が良くないと粉吹きますが

 

オフロードバイクの外装は無塗装カラー樹脂なので白濁しがち

 

ワタクシ
色合いが派手な割に転ぶことが前提のオフロードバイクは外装が無塗装の樹脂製であることが多いです。
オフロードバイクの外装に使われているポリエチレンやポリプロピレンは転倒で割れることはめったにないです。
でも、
しっかり色褪せます。

 

オフロードバイクで転ぶたびに外装が破損するのは金銭的にやってられません。

ぐにゃっと曲がっても割れない樹脂外装は好都合、という意味でメーカーが採用してんだと思います。
※タンクは金属製なものが主流ですが、外車には最初からタンク自体が樹脂のバイクもあります。

保管状態にもよりますが10年もすればほとんど表面は劣化してるはずです。

  • HONDAの赤
  • YAMAHAの青
  • SUZUKIの黄
  • KAWASAKIの緑
  • いずれも陽に焼けるように経年劣化で色褪せます。

    DT200WRの白い外装はあんまり色あせないというか劣化しないなー

    DT200WRの白い外装はあんまり色あせないというか劣化しないなー


    一応ガレージ保管しています。

    そして、
    脂分が抜けたようにカサつく感じになります
    ※そのまま放置して、ひどくなると粉を吹いたようになります。

    白濁するとただでさえ古臭いのにより一層古く見えます
    泥んこ遊び用のオフロードバイクに綺麗さを求めるのはどうかとも思いますが、綺麗なバイクは気持ちがいいですよ♪

     

    スポンサーリンク

    バイクの樹脂リアフェンダーは劣化で白っぽい灰色になる

     

    ワタクシ
    オンロードバイクでもリアフェンダーやスイッチ類の樹脂パーツが灰色になってるものがありますね。
    「黒いものはより黒く」これが乗り物をきれいに見せるコツです。

     

    黒い部品はより黒く

    黒い樹脂パーツをきれいに保つのは結構大変です。
    艶のある黒い状態をキープするのが一番きれいにかっこよく見えます。

    結構大変なんですが実際に黒くなってみると見違えます。
    ※簡単に黒い樹脂が復活する方法があります♪

    昨今は旧車ブームですが意外にみなさん樹脂の劣化には無頓着というか諦めてるのか・・
    新品と比べると色の違いは歴然です。

     

    KDX125SRは全身シリコンスプレー漬けにしてやったらツヤだけは新品っぽくなった。

    KDX125SRは全身シリコンスプレー漬けにしてやったらツヤだけは新品っぽくなった。


    シリコンスプレーですよ♪

     

    ちなみに・・

    ハンドルのスイッチ周りが白濁しちゃってるバイクは非常に多いです。

    ハンドルスイッチ周りは、無塗装樹脂を使ってる限り白濁を避けられません。
    ※特に80年代のHONDAのバイクのハンドルスイッチ周りの白濁は次第にひび割れてきて、最後は割れます。

    その他にも

  • メーター周り
  • ミラーの背中
  • スイッチ回し
  • ランプ類
  • この辺りも白っぽくなりがちですね。

    全部シリコンスプレー様が解決してくださいます。
    ※ある程度は、ですが。

     

    スポンサーリンク

    軽トラなどの無塗装バンパーも白くなりがち

     

    ワタクシ
    ちょっと前の軽トラや欧州大衆車は、基本的にバンパーはぶつけるものと言う考えがあります。
    ぶつける前提なのでバンパー部分にはダメージが少ない無塗装樹脂パーツが多用されています。

     

    当然、バンパーという大物パーツでも無塗装なので劣化すると白濁、次第にグレーに・・
    こうなると、
    貧乏くささが加速します。

     

    スポンサーリンク

    プラスチックパーツの白濁は紫外線や酸性雨などが原因

     

    ワタクシ
    乗り物は外に保管している以上、樹脂パーツの日焼けや降雨によるダメージは避けらません。
    ※ゴム系も同様です。

     

    樹脂部品は今時の車やバイクにはホントにいろんなところに使われています。

  • 加工しやすい
  • 壊れずらい
  • 軽い
  • で使い勝手がいいんですけど「色あせる」と言う欠点がありますね。

    メーカーとしては
    色あせて貧乏くさくなったら車ごと買い換えてね♪
    と言うつもりなのでしょうがそうはいきません。

    将来年金だけでは暮らせない日本の世の中では新車をポンポン買える層というのは限られています
    新車をバンバン買い換えるほど無駄で損なことは無いと思いますよ。
    ※綺麗な状態をキープするのは大変ですが、愛着を持って長く乗り続けるのが一番お金が節約できます。

    とはいえ、
    が椅子が劣化して貧乏くさい乗り物は趣味であればあるほど愛着も薄れるってもんです。

     

    色褪せたら塗装すればいいのでは?

     

    ワタクシ
    残念なことに、ポリプロピレン系の樹脂には塗料の色が乗りづらいんです。
    塗装すると一瞬だけきれいですが塗装の密着が良くなくて次第に剥がれてきます。
    しかも大金が必要です。
    ※一部だけ塗ると周りとの色味が違って浮きまくります。

     

    塗装できないことは無いんですが、
    簡単に言うと、
    無塗装樹脂は曲がるので固まった塗料が割れてはがれる
    と言うことです。

    部品がぐにゃっと曲がらなくても、
    樹脂が熱で膨張して変形するだけでも塗装は割れます。
    ※直射日光に当たってるだけでも結構熱膨張してるようです。

    ゆえに、
    無塗装樹脂パーツの塗装というのは現実的ではありません。

    オフロードバイクにラッピング加工ならいけるかも!!
    ・・ちょっと調べたら素人レベルでできるとは思えませんでした。

     

    シリコンスプレーに至るまでの道のり

     

    ワタクシ
    樹脂パーツの白濁対策ケミカルはたくさん存在するんです。
    数年かけて各社から販売されている高価な薬液を試してみました。

     

    そのどれもが「効果がイマイチ」だったことがシリコンスプレーに至った理由です。

    セロー225Wのメーター周り。

    セロー225Wのメーター周り。


    メーター周りの黒い樹脂にももちろんシリコンスプレーは使えます。

     

    白化対策1:WAKO'Sスーパーハードを使ってみる

     

    ワタクシ
    ネットでは評価がすこぶるよろしい信頼のWAKO'Sです。
    いきなり初手でコレに決まりか?と思いましたが・・

     

    「WAKO'Sスーパーハード」は結構高いんですよ。
    実は、ケチで貧乏なので購入をやめようとすら思いました。
    それでも、
    ここは清水の舞台でカラオケ歌うくらいの気持ちで意を決して購入してみました。

    WAKO'S スーパーハード!結構高価!
    created by Rinker

    使い方によっては効果があるのかもしれません。
    値段は高いですが量もたっぷりです。

    ネットでの前評判はかなりよく、値段も高いけど、WAKO'Sだし・・
    そりゃ効果があるに違いないと言うプラシーボ効果に加速されたワタクシの期待値は急上昇しました♪

    実際、効果はいまいちでした・・

    あれ?おかしいな?

    って感じです。

    使い方はこんな感じです。

  • 樹脂パーツをよく洗って
  • 付属のスポンジで塗りこんで
  • しばらく放置して
  • 余分の薬液をふき取って
  • しばらくは雨に当てない
  • とマニュアルにしたがって施工したのですが・・

    ネットの評判はワタクシの期待を裏切る形になりました。
    マジメに意気消沈したものです。
    ※ネットの評判って当てにならん、ということを思い知りました。

    orz・・

    ああ、また無駄使いを・・
    スーパーハードの薬液は9割がた残っていますので、いろいろ実験を続けようと思います。

     

    白化対策2:無塗装樹脂復活剤系を使ってみる

     

    ワタクシ
    比較的安価で塗った瞬間から効果がある様に見えたんですが・・
    思いっきり対候性がありませんでした。

     

    安いんですがいかんせん良が少ないです。
    すごく少ないです(´;ω;`)
    ので、ケチケチ使ってみました。

     


    めちゃめちゃ量が少ないのでケチって使うと固まります。

     

    コレも付属のスポンジに少量とって塗りこんでいって余分はふき取るタイプです。
    ※多めに塗ると塗りムラができます。

    即効性は高いけど耐候性はあんまりありませんでした。

     

    ちなみに・・

    薬液は指定の保管方法(アルミの袋っぽいものに入れて保管)しましたが一ケ月程度で丸ごと固まってました。
    ※半分くらい残ってたのに、もったいない(泣

    自分のケチさ加減に正直あきれたものです

     

    白化対策3:クレポリメイトを使ってみる

     

    ワタクシ
    特徴はシャバシャバしてて明らかに粘度が低く薄い感じです。
    なんだか乳液みたいです。

     

    手動スプレー式で該当部分に吹き付けて適当なところでふき取るという施工法です。
    薬液の脂分を塗膜とするイメージですが・・
    薬液を見た瞬間から「効果なさそう」と思いました。

    その通りでした(´;ω;`)

     

    安い!クレポリメイトは車内の樹脂向き!
    created by Rinker

    一応、しっとり感は出ますが白濁個所への効果は少ない気がします。

     

    日焼け色あせ白濁にはほとんど効果なしです。

    うわマジか?

    っていうくらい効果はありませんでした・・

     

    ちなみに・・

    日焼けしてないプラパーツの艶出しには結構効果があるように思います。

    車の中のプラパーツを磨くのにはよいかもしれません。
    ビニールレザーとかにもよさそうなので車の車内清掃に使うことにします

    まだ無駄なものを買ってしまった・・

     

    白化対策の決定版:シリコンスプレー

     

    ワタクシ
    様々なケミカル使った経験から
    「樹脂に油膜をつくる」
    と言う考えでたどり着いたのがシリコンスプレーです。
    効果もコストも満足できた唯一の品です。

     

    多めに白濁部分に吹き付けて、5分ほど放置後に布でふき取り(ほぼ磨き)を実施しました。
    ※吹きとらずに放置しても埃が付くだけです。

    拭き取ったウェスでテールランプやウィンカーレンズを拭いちゃったりすると二度おいしい結果に!

    見た目にもきれいになるし油分補給した感じできれいになります。
    色つき部品は、それなりにウェッティな感じに!グレーになってた箇所も黒くなってる!!

    Z1-Rのテールカウル外したらリアフェンダーの樹脂にはシリコンスプレーしておく。

    Z1-Rのテールカウル外したらリアフェンダーの樹脂にはシリコンスプレーしておく。


    吹きっぱなしでも害はないです。
    ついでにウィンカーレンズやテールランプにもスプレーしておきます。

    とにかく、
    シリコンスプレーは安いし簡単だし手に入りやすいです。

    でも、
    一度洗車するor雨天時使用でシリコン分はかなり落ちます。
    即効性があるが持たないという結論です。
    ※パーツクリーナー掛けると一発で飛びます。

    とはいえ、

  • シリコンスプレーは安売りではホームセンターで一缶200円台です。
  • シリコンスプレーは一家に一本あってもいいくらいほかの用途でも使えます。
  • 無駄にはなりません♪

     

    ちなみに・・

    当倶楽部では多目的に使用するため、シリコンスプレーは常備してあります。

    バイクや車の樹脂やプラスチックの白濁、日焼け対策に大量に使っています。
    テールランプとかもきれいになるし、エンジンルームのゴムホース類や、ケーブルの皮膜なんかにも吹きつけまくっています

    洗車した後、水を切ったら樹脂部分にスプレーするだけです。

    オフロードバイクの場合、フェンダー内側にたっぷり塗っておくと汚れが落ちやすいです。
    ※フェンダーの内側はシリコンスプレー塗りっぱなしで拭き取らない。

    さらに、
    CRC-556より油分がきつくないので屋内の家具にも使えます。

  • 家屋のスライド扉の動き改善
  • 椅子の回転軸部分
  • ふすまの動き改善

  • 網戸の動き改善
  • にも使えます。

    超便利なので真面目に、箱買いする勢いです。
    ※まとめて買った方が安いしどうせ使い切るので。

     

    シリコンスプレーは、まとめ買いで送料無料ならホムセンより安い!
    created by Rinker

    シリコンスプレーなんてメーカーはどこでもいいですので大量に使える安い奴がおススメです。

     

    タイヤワックスも実はシリコンスプレーの仲間です

     

    ワタクシ
    ノータッチなどのタイヤワックスも実はシリコン系です。
    夏冬のタイヤ交換時には、たっぷり吹きかけることをおススメします。
    ゴムの持ちが違います。

     

    ノータッチに代表されるタイヤワックス同様にシリコン成分が含まれています。

    洗車時にタイヤのサイド部分に吹き付けておくと一気にきれい見えるようになります。
    ※ホイールの清掃とともにタイヤが綺麗だと足元が引き締まります。

    タイヤだけじゃない。ノータッチでゴムやプラ部品の艶出しと保護が可能!
    created by Rinker

    夏・冬タイヤ交換の際には必須のケミカルです。
    ホームセンターで時期になると安売りします。

    タイヤワックスはバイクのステップのゴム部分にも使えます。

  • ラジエターホースやプラグコード
  • 各ワイヤー類のビニール皮膜
  • にも効果があります。

    泡をちょっとウェスにとってビニール部やゴム部に塗り付けてやるだけでかなり綺麗になります。

     

    ちなみに・・

    タイヤワックスでなくとも、タイヤ保護にはシリコンスプレーでも良いっちゃいいんです。

    でも、
    シリコンスプレーの場合は、タイヤをきれいに洗ってから吹き付けないと効果が半減します。
    ノータッチのようなタイヤワックスはタイヤの汚れが落ちるので手間なく簡単でとてもよろしいです。
    ※タイヤ交換時期にはホームセンターで安売りするで常時ストックしています。

     

    シリコンスプレーは汚れ防止にもなる

     

    ワタクシ
    シリコンスプレーをタイヤハウスやフェンダー内側に吹いておくと汚れや泥がつきにくいです。
    オフロード車などで泥道を走る場合に、フェンダー内に吹いておくと多少泥付が違います。

     

    泥付き防止にはシリコンスプレーは結構有効です。

    が。

    オフロードのエンデューロレースなどの長丁場はさすがに持ちません。
    粘土質のべったりする系の泥にも効果が薄いです。
    オフロードの長丁場のレースではバイクに泥が付くと泥の重さに振り回されて疲れます。
    ※とんでもない量の泥がバイクに付きますよ。

     

    これくらいの汚れならシリコンスプレーしてあればさっと水洗いで落ちます。

    これくらいの汚れならシリコンスプレーしてあればさっと水洗いで落ちます。


    洗車するときも楽ですよ。

     

    ちなみに・・

    エンデューロレースに出る場合は、
    フェンダー内側にアルミテープを張っておき、泥がついたらピットではがす
    のが一番速いし効果的です。
    ※適当に張っておけばいいんですよ。どうせ見えやしません。

    アルミテープは何重にも張っておき、一層ずつはがしていきます。
    一層ずつ剥がしやすくするため、アルミテープの端っこは折り曲げておくと良いです。

    ついでですが、
    オフロードレースが終わった後のバイクの泥落としには
    100円均一のケーキを作るときのへら
    を応用すると良いです。
    ※洗車ブラシよりもぜんぜん効率が良いです♪

     

    シリコンスプレーは家庭に一本常備してもいい

     

    ワタクシ
    すべりや動きが渋い家具全般(表面の仕上げによっては木材の家具も可能)に効果があります。
    要するに浸み込まなければ潤滑効果があります。

    それに防水効果も多少あります。


     

    シリコンスプレーはこう使え!

  • ふすま
  • 障子
  • 引き出しのスライダー
  • 鍵穴
  • カーテンレール
  • 椅子のキャスター
  • 服やかばんのファスナー
  • などの動きやすべりが渋い場合、ほぼすべりの悪さは改善されます。

    また、
    多少防水効果があるので傘やレインウェアにも効果があります
    ※登山グッズやバイクグッズにも応用が効きます!

     

    シリコンスプレーはCRC-556とどう違うのか?

     

    ワタクシ
    CRCはオイルなので乾かないけどシリコンスプレーはシリコン膜を残して乾きます。

     

    CRC-556はオイルなので、木材に使うとシミになりがちです。
    シリコンスプレーは紙にも使えるですぜ、兄貴♪

  • シリコンスプレーは乾いてシリコンの膜を作る
  • CRCなどのオイルスプレーはオイルを吹き付けている
  • CRC-556はさび止め効果を狙った金属パーツに使うと思えばほぼ間違いないですね。
    こちらも一家に一本あってもいいですね。
    ※ホームセンターで安売りすることもあるのでザブザブ使いましょう。なかなか減りません。

     

    まとめ

     

    ワタクシ
    いろんなものを引き立て役にした
    「ビバ!シリコンスプレー」
    と言う記事になってしまったが、一応まとめます。

     

    白濁した無塗装樹脂は、きれいに洗った後にシリコンスプレーしておくと外装のつやが戻ります。

    シリコンスプレーで油膜を作っておけば水で流すだけでOK

    シリコンスプレーで油膜を作っておけば水で流すだけでOK


    洗車後はまたシリコンスプレーかけておく必要あありますけどね。

    シリコンスプレーの効果は雨天時走行や洗車したら半減します。
    一時的とはいえ、樹脂部の保護として洗車後にシリコンスプレー拭いておくと新品ぽいです。
    やらないよりはるかにマシです。
    ※当倶楽部のオフロードバイクは、未舗装路走行後は必ずシリコンスプレーを吹いています。超きれいになって満足です♪

    プラスチックや樹脂の白濁、劣化の対策として高価な専用ケミカルはたくさん存在します。
    ネットでの評判がいかによくても、実際は残念な効果しかないものも多いのがわかりました。

    バイクや車の外装の白濁部を放置しておくと貧乏くさいです。
    ※過去には、外装をバーナーであぶってみて穴が開いたなど過激な実験をしたこともあります。

    長い間、いろいろなケミカルを試した結果、
    普段から使ってて一番安く手軽に手に入るシリコンスプレーが一番効果があった
    ということです。
    青い鳥はすぐそばにいた、見たいな結論になりました♪

     

    シリコンスプレーは、まとめ買いで送料無料ならホムセンより安い!
    created by Rinker

    シリコンスプレーはジャンジャン使うべきですよ。

     

    スポンサーリンク







    -クルマ, バイク, メンテナンス

    © 2020 北信州のりもの倶楽部Ver2