長野県にIターンしてやりたい放題!!特にのりもの関係は失敗ばかり♪そういったマイナーでも濃厚な仲間を増やそうともくろむブログ。

北信州のりもの倶楽部Ver2

クルマ ドライブ メンテナンス

旧車のラジオの感度が悪いのはアンテナ?カーステユニット?解決策は?

更新日:

雰囲気ばっちりだけれど受信感度が悪いタイプ
Toos

旧車はラジオの感度が悪い、
と言われていますが、
それはデッキというか受信側の性能の問題であって、
かっこいい雰囲気のある年代物を使えばそりゃそうですって感じの感度なのですが、
いまどきの1DIN(ダインって読むんだってね、ドイツ語らしい)ユニットであっても
かなり高性能な感度をお持ちのようですよ

まあ、アンテナ次第ってことなんでしょうが。

という内容の記事で有ります、軍曹殿

スポンサーリンク

旧車でもラジオくらいは聞きたい

雰囲気ばっちりだけれど受信感度が悪いタイプ

annca / Pixabay

旧車とはいえ、
やはり人として普通にFMくらいは聴きたい
情報を得るにはやはりラヂオなどは聴きたい
高速走ってるときとか、気分転換になるし・・
※風切音とかいろんな雑音でろくに聴けなかったとしても、だ

地方(逆に都会ですが)に遠征に行ったときとか、
東京FMが聴けたりすると猛烈に懐かしい
※真面目にまっぴーのファンだったし、
整備中に聴くアヴァンティとかもう懐かしくて♪

個人的に、
運転中は音楽を聴くよりはラヂオを聞く方が好きです

話がそれた
旧車でもラジオくらいは聴きたいぞって話です

アンテナはどうするか

まあ基本的にアンテナくらいは
標準のものを使ってもいいと思います

でも、この位置から生やさなくても・・
という残念なのもあったりします
旧miniのアンテナ位置は
ボンネット左側から生えているのですが、
微妙にスタイリングを損ねている気がします

ロータスヨーロッパの純正(?)
かどうかは知りませんが
ヨーロッパのレプリカ(かなり高性能っぽい)
を作っているバンクスの社長の思い出写真(雪の中)には、
ボディの左側に生えているアンテナを確認できるが、
これも位置的には残念

やはりそれなりのところに、
すっと生えててほしいし、
せっかくなのでスタイリングにこだわりたいですね

伸縮式のテレスコピックアンテナだって、
似合えば全然問題ないんですが位置的に・・ねぇ
もう少し考えてくれってことです

古臭いアンテナは車のキャラに合えばいい。機能はともかく。

Emslichter / Pixabay

バブル期の車両なんかは自動収納されたりするので、
結構かっこいいんですよ

フェアレディZ32がそうだったし、
満足度が高かった装備の一つです

スポンサーリンク

小さい車には長めのルーフアンテナがかっこいい

ワタクシの好みの小さうスポーツカー系は、
ルーフアンテナが似合います
ルーフの前側でも後ろ側でもいいです

前側であんまり長いと、
しなって屋根にぶつかる(笑)という現象も起こります
※旧miniでそういう仕様が実際にあったようです。しかも雨漏りするって話ですが(笑)

なんか好きなんですよね、
ボーイズレーサーっぽくって
ハッチバックでもプジョー205とかもうたまんないくらい似合います

やっぱりちっさいスポーツカーは、
ルーフアンテナ、できれば前側センターが好みだなぁ♪



今時のアンテナは短くて似合わない

今時の短いのが流行りらしいですが、
ワタクシの趣向は時代に逆行しております

通勤車の世界に誇れる名軽自動車「ラパンSS」は
ルーフアンテナを長いものに変えてあります


↑やはりこれくらい長いほうが好み♪

ちなみにBMW116(2型?)とまったく同じものです
あまりに安かったので2本買いました
BMWディーラーで買ったらいくらするんだろうねえ、怖いねえ

交換する前と感度的には変わりませんが気分はものすごくいいです

全然関係ありませんが、
高速道路の長野道で、
塩尻から岡谷近辺のラジオの入りが悪いのはワタクシだけでしょうか?

複数の車で経験しています
ちょっとした谷(?)になってて電波が届きづらいのでしょうか?
朝でも昼でも夜でも感度が絶妙に悪いです

また話がそれました

室内にブースターを取り付ける手がある

旧車の場合、短いアンテナは似合いません
とはいえ、純正もまともに機能しているとは限りません
ので、ラジオアンテナブースター、というものが存在します
どうやらこれも船舶などの文化らしく、微弱な電波を拾ってくれるもののようです

旧miniERAターボ時代に導入して
結構いい結果だったので、ロータスにも導入しています

実際に着けているものはすでに廃盤になってるようで・・(汗
アンテナ部をリアガラスの上方に固定するタイプのものです

電気が流れると、赤いLEDが光ってブースト中だよーと教えてくれます

が、
ロータスでは思ったように感度がよくならんのですよ

アンテナはできるだけ高いところに張れ

仮説、
というかたぶん真実なんでしょうが、
アンテナはできるだけ高い位置に張るものなのでしょう
※一応、無線通信技師の免許持ってるけど全部忘れた

そういや、
無線のアンテナもTVのアンテナも高い位置にありますな
放送塔(東京タワー、スカイツリーなど)も高い位置から電波発信してるし・・

物理的に、
車高が1m5cm程度の車では車外にアンテナを張って、
高い位置の電波を拾え!
というのがかなり無理がありますな
※アンテナ立ててもSUVの車高に届かないし

電波の良い開けたところ以外では、
車内のアンテナはブースターをつけたとしてもあんまり使いもんになりませんな


↑こういうのは似合わないんっすよ、旧車には

まとめ

プラスティックのボディがうなる、
エンジンがうなる、
いろんなもんが共振する
といった車ではラジオはあきらめろって事でしょうねえ

※CDも一応は聴けるのだが、
高速では音が鳴ってるのがわかるくらいで、
誰のどんな曲か?とか全然わかんねえ
(スピーカー追加してもだめです)

ともあれ、
ロータスヨーロッパの場合は
運転中にラジオの細かい操作をするということすら危険な車なので、
もっとシンプルな機能のデッキユニットを買えばよかったなーと思っております
※結構、背面側を加工しないと取付できなかったので、買い替えても加工するのが面倒くさい

今時のラジオやCDのユニットは旧車の雰囲気ぶち壊しですが、
あわてずに適当なのを探そうと思います
※特にこだわりはないっす。音が出りゃいいんですよ



スポンサーリンク
スポンサーリンク

車の野良猫対策はコレしかない!!



大事なマシンのカバーの上で生ごみでも食べらえてごらんなさい・・
タイヤに匂いつけられてごらんなさい・・

なるべく事を荒立てたくないんですよ・・ネコにゃんたちとは。





バッテリーは夏も冬も酷使されます!




バッテリー死ぬと結構悲惨・・ショップでやってもらうと超高い!!
※BMWディーラーなんかバッテリー交換だけで5万円とか平気で請求してきますよ・・



-クルマ, ドライブ, メンテナンス

Copyright© 北信州のりもの倶楽部Ver2 , 2019 All Rights Reserved.