長野県にIターンしてやりたい放題!!特にのりもの関係は失敗ばかり♪そういったマイナーでも濃厚な仲間を増やそうともくろむブログ。

北信州のりもの倶楽部Ver2

Z1-R

Kawasaki Z1-R(1型)とZ1R(2型)の具体的な違いは何?

更新日:

Toos

ベース車両がそもそも違います

具体的にはどう違うのか?
おすすめはどっちなのか?

Z1-R1型オーナーのワタクシが超具体的に書いてみる

タンクは小さいけど割かし燃費がいいぜ!

タンクは小さいけど割かし燃費がいいぜ!

スポンサーリンク

ベースとなった車両は?

Z1-R(1型)1978年

丸タンクの最終型、Z1000がベース

意外に生産台数が多い 
おおよそ17,300台

空冷4ストローク4気筒DOHC2バルブ
1015cc

最大馬力
90ps/8000rpm

最大トルク
8.7kg-m/7000rpm

ミッション
5速リターン

全長×全幅×全高
2160×800×1295mm

2次減速比(スプロケサイズ)
2.20(33/15)

ホイールベース
1505mm

シート高
805mm

キャスター/トレール
26度/85mm

タイヤ前/後
3.50-18/4.00-18

燃料タンク容量
13.0l

乾燥重量
246kg



Z1R(2型)1979年、1980年

Z1000Mk2がベース

生産台数が思いっきり少ない
おおよそ4,000台

空冷4ストローク4気筒DOHC2バルブ
1015cc

最大馬力
94ps/8000rpm

最大トルク
9.2kg-m/6500rpm

ミッション
5速リターン

全長×全幅×全高
2218×805×1290mm

2次減速比(スプロケサイズ)
2.33(35/15)

ホイールベース
1473mm

シート高
805mm

キャスター/トレール
26度/101mm

タイヤ前/後
3.25-19/4.00-18

燃料タンク容量
20.0l

乾燥重量
250kg

変更点は赤で表示(親切!)



Z1-RとZ1Rの外観上の違い

こちらはZ1R2のカタログから。タンクがでっぷりしてる。キャップの位置も違う。

当時のカタログから。なんとイメージはポルシェ。

エンジンが違う

一見、カムカバーが四角くなった、くらいの印象ですが・・

もう乗り比べりゃわかりますが、全然別物です
Z1000とZ1000Mk2、似たようなもんでしょ?ただのマイナーチェンジ、焼きなおしでしょ?
と思っていたワタクシがバカでした

Z1000Mk2のエンジンは確実に一世代進んでいます
なんというかフリクションが少ないというかスムーズな感じがするというか・・
ワタクシのボロいZ1-R(実はZ900のエンジンをボアアップしたものを載せている)とは全然違います

なんとなくパワフルな感じがします
どちらかというとトルク型のエンジンな感じ

一生懸命回ってパワーを絞り出しているZ1000と余裕のあるZ1000Mk2、って感じです
Z1000Mk2にCVKキャブつけてみたいなぁ、と本気で思いました

※真っ新の新車状態で乗り比べているわけでもないし、あくまでもど素人のワタクシの見解なので、参考までです

タンク容量が違う

13リッター → 20リッター

外観で一番目立つんではないかと。
シートの段差、はっきりわかります
まっすぐなデザインを崩す、という意味で1型のほうが人気らしいですが、そんなのタンク
交換しちゃえばいいんではないかと思うんですよ
あとやっぱり2型の方が角ばっています(笑)
※ワタクシの1型はシートを変更しているのでタンクと段差になっていますがノーマルはタンクとシートに段差がほとんどないです・・

とにかく、航続距離が短すぎるってんで怒られたKAWASAKIが意地になってタンクをでかくしたのではないかと思います
まあ、スポーツ路線はZ1000Mk2がいたわけで、ツアラーにしちゃおうぜ、というのもわかる気がしますが。
※この頃、KAWASAKIはZ1000Mk2ベースにいろんな車種展開してて、余裕がある

この他にも、欧州では様々な仕様のタンクがあるようです
某バイク屋さんで、タンクキャップ回してあけるみたいなタンクを見た記憶があります

この辺も謎が多い
少なくとも4種類以上はZ1-Rのタンクが存在する、といわれています

フロントホイールの径が違う

18インチ → 19インチ

1型
前に書いたインプレ記事やこの後でも軽く書きますが、ハンドリングがまったく違います
とにかく、おっかない切れ込みをするのが18インチの1型
これ、セパハンとかだとかなり怖いかも・・ってくらい怖いです
しかもUターンとかでの切れ込みというか不安感はぬぐえません
何がしたかったんだ?というセッティングです

2型
この辺が全然改善されています
何せUターンが楽です♪
キャスター・トレールの再調整によるところも大きいのではないかと思いますが、
細かいことは書き始めると長くなるのでググってみてください

ハンドル回りの重さが同じだとすると2型ではかなり改善されていてちょっとびっくりです
※1年でここまで変えるか?とKAWASAKIを見直したくなります

マフラーが違う

1型
かなり頑張った作りの一本出し集合になっていますが、くそ重いです
フルバンクすると、マフラーガードが擦ります
集合部がなんて言うか・・横に平たい昔の集合管です

ワタクシはあまりの重さに耐えられず、センスタが付くタイプのKERKER集合にしてしまいました
※純正は一応取ってあります

2型
二本出しになっています
もしかすると、Z1000Mk2と同じものかもしれません
これもオーナーさんによるととんでもなく重い、とのことですがそりゃ二本出しですもの。

関係ないですが、Z1の4本出し超かっこいいですが、これも重い・・
でもチタンの4本出しのリプレイス品があることを知り、超高価ですがかなりほしいです

ブレーキディスクの穴が違う

1型
多穴タイプです
これでもか!とばりに穴が開いています
昔のレーサーっぽくてかっこいいですが、雨天では驚くほど効きません

2型
不等ピッチの多穴タイプでZ1000Mk2と共通
こちらも雨天では・・とのことです
※ワタクシが試乗させていただいたときは晴天でした♪

カラーが違う

1型
StarDustSilver

2型

  • Ebony
  • LuminousDarkRed(激レア!

の二色

リアサスが違う

1型
2種のスプリングを組み合わせたもの
※想像するに、フロントが重いのでとにかくリアサスを早めに沈めたかったのではないかと思う

2型
いわゆる普通のスプリング



シートのタックロールが違う

1型
シート中央にリブというか縫い目というかが入る

2型
中央のリブというか縫い目がない
多少、足つきが改善されているようだがまたがった感じはそんなに変わらない(笑)

志向地でちょっとづつ違う

エンブレム

1型

  • KZ1000 Z1-R(北米仕様)
  • Z1000 Z1-R(欧州仕様)

2型

  • Z1R-II(欧州仕様)
  • Z1-R(北米仕様)

また、北米仕様と欧州仕様では、リアウィンカーの位置が違う
リアフェンダーも欧州仕様では長い(雨天時のツーリングを考慮したもの?他社でも欧州仕様はリアフェンダーが長いものが多い)

ヨーロッパ仕様。ウィンカーの位置は北米仕様がかっこいい。サイドバックつけると隠れちゃうけど

ヨーロッパ仕様。ウィンカーの位置は北米仕様がかっこいい。サイドバックつけると隠れちゃうけど

またがった感じ

タンクの印象が全然違う
タンクがまったいら(笑)の印象が強く、とにかくタンクが小さい1型
タンク周りが一回り大きく重たいイメージの2型(タンクキャップも埋め込みデザインではないので余計そう思う)

足つきは前述の通り、さほど改善されていない(笑)
気のせいかもしれないが、若干腰高というか重心が高い感じを受けるのが2型



スポンサーリンク

走った感じ

1型
いわゆるZではない未完成なハンドリング(別記事参照)

2型
まっとうなZな感じ
こちらの方が素直だし、Z1から連綿と続く素直なハンドリングに近い
※でもやはりハンドル回りは重たい感じがぬぐえないのは確か

エンジンも1世代進んだ感がある2型。
素直にいいなぁ、と思う

いわゆる旧車乗り(リアに乗る感じ)ができれば、くるくる回るのが2型
不安がぬぐえないのが1型

ワタクシは1型をとにかくくるくる安心して回れるようにしたかったので四半世紀以上いろいろ手を入れてきたのだが、
2型がハンドル回りの軽量化以外はほとんど全部やっている(笑)
やるな、Kawasaki!

フロントは19インチがいいよ、Z系は。

フロントは19インチがいいよ、Z系は。

ついでの予備知識「ターボ」もある

1mmも乗りこなせる気がしない

1mmも乗りこなせる気がしない

ターボもある(笑
異端児というか・・
1型ベースのターボ(一応KAWASAKIの販売網で売られたようだ)は黒ベースにオレンジとイエローのラインが入る

なんでも米国のTC(ターボサイクル)社が、Z1-Rのあまりのカッコよさにクラっと来て、大量購入したうえでターボつけて売ってたようだ

実物を見たのは20年くらい前、第三京浜保土ヶ谷PAにて1度だけ
今動いてる個体はどれくらいあるのか・・

直線番長なんだろうなぁ、と思う
多分間違っていないはず

まとめ

菅平の某ペンションに古いバイク雑誌があるのでそれを読み込んでいたところ、
とにかく出るバイク出るバイクがZ1-Rとの比較記事となっていてびっくりした
それほど世界基準になっていたのか?
1978年当時、日本国内にほとんど入ってきてなかったんじゃないか?と思ったり。
これはこれで面白いので、興味がある方は探してみるといいですよ



また、白バイ野郎ジョン&パンチの劇中のクイズ番組の商品がZ1-Rだったりもします

1型も2型も
とにかく、豪華なバイクでいわゆる「レーサーのRではないのではないか」と思ったりしています
燃料計とか電流計とかいらんわとも思いますが、タンク容量が小さいのとすぐパンクする純正レギュレータの対応策じゃないかと思われます

ま、Z系でも速いか遅いかでいえば、遅いんですが(笑)
そんなところにこいつの価値を求めちゃいけません

KAWASAKIのカウル、集合などのチャレンジ精神を買いましょう♪

いまだに、なんでこいつが「カフェレーサー」なのか理解に苦しむのですが・・・
ところで、「カフェレーサー」の定義って何?
いまだにわかりません

最後に、おすすめはずばり2型です!
スタイルさえ気に入れば、です
※1型オーナーが素直に負けを認めます

ただし、思いっきり数が少ないんで探すの大変だと思うです
しかも、ワインレッド(ルミナスダークレッド)は、思いっきりレアです!

とまあ、書き散らかしてこの記事を終える
記事書いててめちゃめちゃ楽しかった♪

一応、wiki
ウィキのZ1-Rのページ




...
スポンサーリンク
スポンサーリンク

古いバイクで遊ぶ場合は盗難保険&ロードサービス付きの保険に入っておくと安心です









カワサキZをもっと知りたい!


-Z1-R

Copyright© 北信州のりもの倶楽部Ver2 , 2019 All Rights Reserved.