長野県にIターンしてやりたい放題!!特にのりもの関係は失敗ばかり♪そういったマイナーでも濃厚な仲間を増やそうともくろむブログ。

北信州のりもの倶楽部Ver2

Z1-R

カワサキ Z1-Rにしつこく25年乗り続けたったインプレまとめ

更新日:

Toos

Z1R1型(初期型)・・1型だからZ1-Rと表記すべきか

なんでこんなにZ系は高くなっちゃったんだか・・
四半世紀前は70万とかでした♪

もうノーマル状態とは程遠いうちの個体のインプレ書いても仕方ないですが、四半世紀前に初めてこいつに乗った時の雰囲気だけでも伝わるといいなぁと思い、書いてみようと思った次第です

スポンサーリンク

Z1-Rまず見た目とまたがった感じ


Kawasaki Z1000 Z1-R (1978) / SG2012

この写真は欧州仕様ですね。リアウィンカーの位置がだいぶ後ろです。
ワタクシのは米国から持ってきたのでウィンカーはかなり前にあります。

細い・・
イメージ以上に細い
で、カクカクしている(笑

Z1Rのテールカウル

細い・・・テールカウルのボリューム250cc並みかそれ以下

今時のタンクがでっぷりしたバイクを見慣れていると新鮮なタンクとかシートの配置

二台並べてしっかり乗り比べてみると分かるのだだけど、
丸タンクのZシリーズとライディングポジションはハンドルの低さ以外はそう変わらない

でも、角ばったタンクは丸タンクよりはるかに車体との一体感がない

シートはタンクとほぼフラットで、
何処に乗っていいかすらわからない
シートは角がある感じで、
シッティングポイントはかなり高めに感じるし、
実際足つき性は極めて悪い
マジで、足つきわっる!

Z1Rシート

シートは社外品に変えています。が車検通らないのでノーマルもあります♪

丸タンクのZとは異なり、
サイドスタンドからの引き起こしは
くそ重い
感覚としては丸タンクのZより、腰高な感じ

センタースタンドをかけるに当たり、支点の関係からか異様に重く感じますよ
重量配分がおかしいのか、無茶苦茶重いです
ハンドルまっすぐにして、サイドバーに手をかけ、本気で全体重をセンタースタンドに乗せることで何とかなるレベル
※ふつうの人はセンスタかけられないくらい重い。

ハンドルに手を伸ばすと腹の前の空いた空間が、いまどきバイクと全然違うので変に違和感を覚えるはず

そしてノーマル状態ではごちゃごちゃしたメーター周りと反してすっきりしたハンドル回りが目に入る

あ、
あとバックステップにしないと膝がエンジンにあたって熱い(泣
※これはZシリーズ全部そうです

Z1-Rで実際に走り出してみる

言っておきますが、すべてのZ系で一番乗りづらいのがZ1-Rだと断言します

Z1-Rの純正メーター回りはこんなです。この無駄な豪華さが癌

Z1-Rの純正メーター回りはこんなです。この無駄な豪華さが癌

うちのZ1-Rは今現時点のメーター回りはこの仕様。ここに至るまで数パターン試した

うちのZ1-Rは今現時点のメーター回りはこの仕様。ここに至るまで数パターン試した

エンジンは、空冷Zそのもののクラシカルなタイプで意外に高回転型

この辺は
Z1000MK2やZ1R-2のエンジンではだいぶ洗練されたと聞くが、Z750FXしか乗ったことないので個人的に比較はできない

デザイン的には
シリンダーヘッドの丸いカムカバーはこの時点で四角くできなかったのか?
と思ったりもする
※2型はヘッドが角ばっててよく似合う

エンジンノイズではカムチェーンがジャラジャラ言ってる個体が多いけど、
この辺はGPzシリーズのオートカムチェーンテンショナーなどを流用することでだいぶ抑えられる

太くて
重くて
バンク角の少ない1本出しの純正マフラー
はきっちりと消音されているので、早朝や夜間の出撃でも大丈夫だと思う

クラッチはやや重めだけれど、
苦痛を感じたことはない
が、
レバーホルダーが摩耗してくるとある回転域でレバーが細かく振動して気になるところではある

いざまたがると、
ひざがエンジンに当たる

これは、
Z1系のエンジン搭載車はすべてそんな感じ
ひとえにステップが前すぎるためで、
バックステップにすれば問題は解決する
その際は、
リアブレーキスイッチを作り変える必要がある
※ブレーキスイッチは長いブレーキペダルに開いた穴を使った機械式なので、ペダルを変えることでスイッチが機能しなくなる



クラッチをつなぎ走り出すと、1000ccの割には低速トルクはない
これは高速に振ったリアスプロケの小ささのせいもあると思う

Z1やZ1000がリア側が35丁、Z1-Rは33丁、前側は同じである
※ちなみにZ1-R1型(初期型)-2では35丁になっている

チェーンもハブダンパーもがネットですぐ手に入るとは・・いい時代だわ♪

スポンサーリンク

Z1-Rのハンドリングは他のZと全然違うのは本当

Z2時代にはそこそこ気持ちよく走れていたので、
そんなに違うわきゃない、
という思いで走り出してみたものの・・

うまく曲がれん
とにかく怖い
低速でふらつく
ジムカーナ的な走りが全然できない
高速でも振られるのでギャップが怖い

とにかく怖いので、
コーナーでも押さえ込もうとしてハンドルに力が入ります
結局、
それだとリアサスをうまく沈めることができずに、
ギクシャクした走りになってしまう
思い通りに動かないと、バイクはとたんに面白くなくなる

ゆったりと流すのであればそれほど気にはならないのかもしれませんが、
ちょっとスポーツしようかな?と思うと、やはり怖い

このめちゃめちゃなハンドリングは、
どこか壊れてるんじゃないか?と思う
ほどです

このハンドリングに対応するために自分があわせちゃうと、
ほかのバイクに乗れなくなります
それほど個性的なハンドリングです

丸タンクのZであれほど楽しく乗れていたのに
Z1-Rに乗ってからはっきりいうと面白くなるまで結構時間がかかったというのが正直です
告げなどを実際に走っても丸タンクのZより全然遅くなったと思います

もっとはっきり言うと、
Z1系丸タンク、
Z1000Mk2の方が癖がなく、
乗るのにハードルが低いです!
※その辺のネガを、ぐりぐりと泣きながらだいぶつぶしたので今は楽しく乗れています♪



Z1-Rで高速道路ではどうか

壊れないぜ! 壊れないぜ!

普通に走れますよ、ええ

カウルの恩恵も結構あります
伏せちゃえば風除けにはなりますし

ただし、
ぬえわkm/h位から前側が浮く
ような感覚になります

ずっと不思議だったんですが、どうやらカウルの形状にあるようです
カウルのあご下に入る空気の流れがハンドル周りを持ち上げるのではないか?
と推測しますが、定かではありません
GS1000S(クーリーレプリカ)のカウルのあご部分にスポイラーがついているのは、この浮き上がり防止のように思えて仕方ありません

なので、飛ばさなくなります♪
ぬふわkm/hも出れば十分です
※燃費もいいし



Z1-Rのブレーキはどうだ?

■ブレーキは、マスターシリンダが一瞬どこにあるかわからない
レバー → 
ワイヤー → 
カウル右内側のマスターシリンダー → ブ
レーキシステム
というダイレクト感の全然ないレイアウト

どうしてそうしちゃったのか?
と問いたいけれど、
デザイン的にハンドル回りをすっきりさせたかったのだと思う
なんでもやってみて、
という実験機的な扱いも大きかったのではないかと推測する
PDCA回してるなぁ、KAWASAKI

普通に効きますよ、晴れていれば
(前述のとおり、ダイレクト感はないですが)
ちなみに雨天では制動距離が数倍になる(Z系は穴あきディスクでもダメ)
オリジナルにこだわらず、
現代風に乗りたいなら真っ先に変えるべきはこのフロントブレーキシステムであろうと思う

別の記事で詳しく書きましたが、
マスターシリンダを現代風に、
ブレーキホースをメッシュに、
キャリパーを4Podに、
してもやはり雨天は止まりません♪

ここまでやっても雨では止まりません



Z1-Rのサスペンションはどうだ?

フロントはともかく
(というかカウルのないZ1000系と大して変わらないセッティングではないか?)、
リア側はスプリングが2段式になっている

おそらくは、
1G時の沈み込みとコーナーでの粘りを両立させたかったのだろうけど、
ハンドリングのせいでそこまで気が回らない

可もなく不可もなくというところ
基本的に、Z1系はリアサスは短めのほうが乗りやすい
(旋回しやすい)です
この辺も別の記事で書こうかと思います



Z1-Rのインプレまとめ

四半世紀前の記憶を頼りに書き始めましたが、
どんどん改良の歴史を書きたくなってきて
何度も「いかんいかん」と思い直し、
あくまでもノーマル時の印象を書き連ねてみました
いやぁ、よく覚えてるもんだわ
※一個ずつネガな点をつぶしていった歴史があるので余計覚えている

ちょっと気を許すと話がガンガンわき道にそれる(笑
このわき道をいちいち書いてみようと思います

これだけ太古のバイクが
びっくりするぐらい高価で取引されている現在は
「オリジナルを残そう」
という人も多いと思うし、
乗ったら乗ったで
「こんなはずじゃなかった」
と思う人もいるだろうし

長く付き合ってきたから言えることってやっぱりあると思うので、
本気で探しているならお役に立とうと思った次第です
※もしくは同類が傷をなめあえればいいかな、と(泣



スポンサーリンク
スポンサーリンク

バイクのバッテリーは夏も冬も酷使されます!



バイクのバッテリーって乗らないとすぐ上がる気がします
旧車バイクの開放型バッテリーは、冬に充電しまくっても3年持ったことがありません・・

携帯やナビなど走りながら充電しまくってません?
バイクの発電機にもバッテリーにも負荷がかかってますよ!










自分のバイクのバッテリー適合を調べておくといいですよ!




古いバイクで遊ぶ場合は盗難保険&ロードサービス付きの保険に入っておくと安心です



メンテによほど自信があっても出先で壊れることがありますよ
・・バイクって人気のないところに放置するとあっと言う間にハゲタカ(人間)にやられます・・
特に今はバイクが高いです・・盗まれると二度と出てこないと思っていいです

  • ロードサービスプラン

  • 盗難保険プラン

  • フルサポートプラン


  • 盗難保険はなんと年4400円から入れます!







    -Z1-R

    Copyright© 北信州のりもの倶楽部Ver2 , 2019 All Rights Reserved.