長野県にIターンしてやりたい放題!!特にのりもの関係は失敗ばかり♪そういったマイナーでも濃厚な仲間を増やそうともくろむブログ。

北信州のりもの倶楽部Ver2

オフロード 初心者の練習

オフロードバイク初心者の秘密練習3【未舗装路を走る】

投稿日:

Toos

まずは平たんな未舗装路で練習しましょう

出来れば、整備されたグランドみたいなところがいいですが、そんなところ走ったら、ほぼ間違いなく通報されますよ
※河原も最近は通報されるようです

田舎にはその手のちょっとした広場は結構あるので、山裾の空き地で練習していました
都会のオフロードバイク乗りは大変だよね

スポンサーリンク

低速でいろいろ試す限り、ビビる必要はない

未舗装路でのバイクの限界というか、どこをどうしたらどうなるという事を覚えましょう

とにかく、舗装路は「やすり」と同じくらいグリップしますが、これに期待ができないという事です
まだ、安定した路面ではないので跳ねまくったりします
雑草の束だって立派な障害物になります

これを一つ一つクリアしましょう
一緒にやってあげられるのが一番良いんですが、イメージトレーニングも大事です

未舗装路でのアクセルの限界

路面状況に寄りますが、ガバッといきなり開けるとリアタイヤがスピンしますよ

行けるとこまで行ってみますか?

行けるとこまで行ってみますか?

いきなりアクセルを開けられる度胸があれば、ですけどね
前輪に体重をかけて、バイクを寝かせた状態でガバッとアクセル開ける(もしくはエンジンの回転上げた状態をキープしてクラッチつなぐ)とそうなります
これはアクセルターンの基本なので、そのうち練習するといいです

基本的にはそろそろアクセル開けて、クラッチをつないでとやればいいわけです
アクセル開けて加速中は、リアサスが沈みます
リアサスが伸びようとするときが一番タイヤがグリップします
※アクセル開けて加速してる方がバイクが安定する、という理由の一つです

逆に、アクセルを戻すと、リアサスが伸びるので、安定しません

とにかく、この感覚を覚えましょう

未舗装路でのブレーキの限界

舗装路より簡単にタイヤがロックしますので慣れると面白いです♪

なので、極低速で転ばない程度にタイヤのロックをさせてみましょう
リアのロックはブレーキをがつっと踏むだけですので超簡単です

車体をまっすぐ立ててやる限り、危険が少ないです

逆にこれを利用して、ハンドル切ってリアブレーキがつっと踏むとブレーキターンになります
ブレーキターンからアクセルターンに自由につなげられるようになると、超楽しいです♪

フロントブレーキもロックさせられますが、よりごく低速で、より車体をまっすぐにして挑まないとコケますよ

どこまでリアブレーキを入力したらロックする、という感覚を覚えるととが楽です
路面の状況にもよりますが、コントロール不能になった場合も冷静に対処できます
※止まれないバイクはないより危険です

ここではブレーキはロックすると意外に止まれないという事を体感できればいいじゃないですかね?
特に、初心者はフロントブレーキに頼りすぎですので、リアブレーキで減速する方法を学んでおきましょう
※これが出来ると出来ないでは最初から大きく差が付きます

思いっきりブレーキかければ止まる、というのは間違いだという事を覚えましょう
でも、未舗装路でパニックになるとやりますよ、ブレーキ握りゴケ♪

リアブレーキをロックさせて車体を横向けちゃう方が制動距離が短かったりします
※ブレーキターンの基本ですので、別記事にします

未舗装路での体重移動

オンロードのハングオンと違って、リーンアウトで曲がる

この一瞬にもいろんなテクニックがある

DanaTentis / Pixabay この一瞬にもいろんなテクニックがある

遠心力働くほどスピードでてないのでハングオンは無意味というか逆効果です

それに、リーンアウトのほうが視点が高く遠くまで見通せるので、意識的にも安心です
※コケそうになったときに視点が低いとそれだけで怖いですよ

また、別記するつもりですがオフロードバイクはシートが長く、どこにでも乗れるようになっています
前に座った場合、後ろに座った場合で、挙動がどう違うか覚えておくといいですよ
※この前後の体重移動が応用できるようになればもう中級以上ですよ

ちなみに・・
坂は左右で登れ、コーナーは前後で曲がれ、という格言があります
オフロードでは、ある一定以上のスピードになると、こういうう物理法則の理解が必要になります

ワタクシの場合、バカでボッチで特訓だったので、理解に至るまで異常に時間がかかりました
ああ、こういう事だったのか!!と目からうろこが落ちるまでに数年はかかっています

この原則、実はオンロードでもかなり応用が効きます♪

アクセルワークとクラッチワークと体重移動を組み合わせるだけで、

  • フロントアップ
  • アクセルターン(スライドターン)
  • などなどの小技につながります

    うひょー♪かっこいいい!

    AdrianoBonfim / Pixabay うひょー♪かっこいいい!

    更についでに言うと、スタンディングでいろいろやってみるといいですよ
    小さな石を超える際にもちょっと後ろに体を引いてアクセル開けるだけでもバイクの負担が全然違いますよ
    フロントタイヤへの過重を抜いてあげるイメージです
    ※最初はアクセル(クラッチ使うとラクチン♪)と体重移動がチグハグなのでフロント上がりませんが、丸太越えの基本もこのフロントアップなので、気が遠くなるくらいまで練習しましょう♪

    まとめ

    未舗装路ではいきなり無茶しないようにしましょう

    とはいえ、1時間もぐるぐる空き地を回ってるだけでも全然慣れます
    空き缶などをを目印に、未舗装路でも八の字走行もいいでしょうし、多種多様な練習方法があります
    ※ワタクシは練習用に小さいパイロン買いました

    今でも、基本に立ち返ってアクセルワークやブレーキワーク、クラッチワークなどの練習もします
    でも、草ぼうぼうで荒れ荒れなんだよなぁ、昔練習してた空き地。

    スポンサーリンク
    スポンサーリンク

    -オフロード, 初心者の練習

    Copyright© 北信州のりもの倶楽部Ver2 , 2019 All Rights Reserved.