長野県にIターンしてやりたい放題!!特にのりもの関係は失敗ばかり♪そういったマイナーでも濃厚な仲間を増やそうともくろむブログ。

北信州のりもの倶楽部Ver2

セロー225 メンテナンス

中古セロー225(4JG)を手に入れた!のでレストア開始。

投稿日:

このきったないセローをレストアしております
Toos

セロー最強説を唱えているワタクシですが、いよいよ手に入れてしまいました♪
しかも、販売終了から10年以上たってるおんぼろのセロー225(4JG)です

今残すべき遺産はセロー225だと判断しました
※キャブ車だし、解体車両も多いしね

暗い場所で一見した時は結構程度いいじゃんと思ったのですが、持って帰ってみると想像以上にぼろくて閉口しています(泣

でも楽しみ!

スポンサーリンク

いまさら20年以上前のセロー225を手に入れた理由

もはや最後だと思ったので埃をかぶり続けてる個体を救ってみたくなった

実は、いつかはセロー225を所有したいと思ってはいたのだ

人気車種で長く作られたセローだけに現存台数がまだまだあるとはいえ、最終時期なのは確か。
セローでゆっくりツーリングもいいなぁ、と思っていたのだよ

特に225のパッケージの素晴らしさ、コンパクトさ、扱いやすさは何度か試乗させてもらっているけど、素晴らしいと思ってたのだった
これがまた、同じオフ車とは思えないくらいDTやKDXとは違う乗り物だったので新鮮だったのは確か。
ワタクシが最初にウィリー出来るようになったのも実はセローでした♪

ちなみに・・


初心者向けと言われがちなセロー225とはいえ、レースでも速い(速い人が乗るとね)のだよ、この車体。
結局、バイクのポテンシャル+自分のポテンシャルが、その時のパフォーマンスなわけで・・
とんがったハイパワーモデルは一瞬速くても乗り手が途中で疲れちゃうと、レース後半で自分のポテンシャルが下がってくると次第にペースが落ちる傾向にある
レースでは最後まで自分が楽しく走れるマシンの性能と優しさを持つマシンが結局着順が上だったりすることがある

これがまさにセロー系なわけですよ
KLX230があまりにカッコ悪く、今後こんなデザインのオフ車しか出ないなら・・という理由もある

ちなみに・・


250ccはインジェクション化されちゃったのでキャブ車の250ccは探すのが難しくなってるようです
恐らく、キャブ車の250ccセローは価格上がると思う
※散々探した挙句、インジェクション仕様のセロー250を泣く泣く購入した知り合いがいる

中古車を手に入れたら各種グリスアップと現状確認

中古車を買ったら清掃を兼ねて各部の現状確認を行うのはセオリーです

今回のセロー225、普通なら絶対に買わないレベルの悪程度なんだけれど、知り合いから引きとったので仕方なし
いろいろ申し送り事項が付いて、パーツ欠品多数ありでも仕方なし

現状確認中、ワタクシのレストア魂に火が付き始める
頭の上から足の先まで全部チェックして、気に入らないところは直す

時間をかけてもいいので、満足いく仕上がりに確実に組んで行く方針で。
※カッコ悪いバイクには乗りたくないんですよ、ええ。

中古でバイクを手にれたら


中古車の場合、初期化の手を抜くと結局どこかにしわ寄せがくるんですよ
なので、最初に全体的かつ総合的にチェックと一通りの整備をしておくべきです
※中古車はどうせ完璧に新車状態にははならないのでその辺はあきらめるにしても。

中古バイクを買ったら絶対初期化!という記事です


重要ポイントだけ最初にお金をかけて、あとは乗りながらおいおい修正していこうと思う
なんせ、古いオフ車なんだし、まともに新品の部品なんかでないと思っていいしね
※YAMAHAのネットでのパーツ問合せ機能、大いに使わせていただいております

ただし、チューニングパーツや中古パーツが山ほどあるのがセローのいいところ!

スポンサーリンク

初期化の計画はこんな感じ

まずは手が触れる箇所、身体が接触する箇所を徹底的にリフレッシュ知るのがワタクシ流

バイクにまたがって常に目に付くポイントを外すと愛着がわかない(目に見えるパーツは極力きれいに)
バイクと触れる個所は、前オーナーのカラーというか残留思念というかが残りやすい気がする
うちのバイクたちは全て中古で入手したものだけれど、一貫して最初に手を入れるのはこういう所だったりします

外装なども全部綺麗にしてあげたいけれど、外装系は価格高騰しやすいので、最後に秘密技を使って満足度を上げる予定
※白い外装の日焼けは、耐水ペーパーで汚れたところを落としてから、シリコングリスかバリアスコートでコーティングします

耐水ペーパーでこするとすぐペーパーが詰まる

耐水ペーパーでこするとすぐペーパーが詰まる

600番くらいで様子を見ながらやるといいよ

愛着ポイントの一つはシート

純正でないシートがついてるんで、タンクとの隙間ができて気に入らない

前オーナーの身長に合わせたんだか幅広シートにしたかったんだか、純正のシートがなくなっている
半分、ゲロ林道行くための投げバイクだったようで・・

おそらく、セロー225の型違い、おそらく3RW型のシートと思われます
ちゃんとつくんだけれど、タンクとシートの隙間は埋まらない
※これって結構でかい

こんな時はYAMAHAの純正パーツ検索だ!


破れた中古を漁って、表皮は張り替えればいいか・・と思うけれど、新品パーツが出るかどうかチェックしてからにする
※セローは大人気で長く作られたモデルなので中古パーツには困らないけど、軒並み部品がなくなってきているので部品価格が高騰してるのだった

新品パーツ4JGの初期型あたりのシートの新品は出ませんね・・
後期型は、3万3千円越えなので、中古シート&張替で対応することになりました

YAMAHA純正部品情報検索サイト

グリップ周りの交換はリフレッシュに効果あり

結構ハンドルグリップがすり減ってたりしますよね、中古バイク買う場合は。

これは汎用でいいので、結構気楽

ハンドルグリップは消耗品なので古いバイクは大体グリップが傷んでいるのだった

適当なカッコイイ奴を付けるつもり
これを変えるだけでもハンドル回りの結構見た目が締まる
※古ーいオンロードは、グリップの素材が硬く(ビニールっぽい)経年劣化が少ない(Z1-Rの純正グリップは四半世紀前に新品で買って、10万キロ近く乗ってるけどそんなに痛んでない)

グリップ周りは、ナックルガード(ハンドガード)も付けたい
YAMAHA純正が安いし手に入りやすいし、セロー225シリーズにはよく似合う
※秋の藪漕ぎの際にないとグローブが破けるので、必須アイテムです

ちなみに・・


ハンドガードに骨が入ってるバークバスターはつけない主義です
確かにこけたときにレバー周りを守ってくれますが、コケるときにハンドルから手が離れ、このわっかの中に腕が入り、テコの原理で骨を折ると聞いてからオープンエンドのナックルガードしかつけたことないです
※レースで疲れてくると、結構こういう経験があるのだった(ジャンプ失敗とかでね・・

レバーやステップ、ブレーキ周り

ブレーキ周りは、命に関わるので真剣にオーバーホールする予定

走らないバイクでは人は死なないけど、止まれないバイクで人は簡単に死ぬんですよね・・

ここも常に手で触る箇所だし、目につくのでサクリと交換する箇所
マスターシリンダの液量確認窓割れ防止なのかシリコンでガードされてるし、何らかのトラブルを抱えた車両なのかもしれない

幸い、見た目は汚いけど、前後とも作動は良好なので、軽いオーバーホールで済みそうだ
※この辺は初期化の範疇です

ちなみに・・


セロー225Wのマスターシリンダーオーバーホールキットのパーツナンバーは
  • 3RW-W0041-02 シリンダキット、マスタ 
  • です
    ※2019/09現在、2797円(税込み)10月以降は、2849円(税込み)になる見込み

    消費増税、許せん!!
    マジで政治家馬鹿ばっかし

    メーター類は見た目をきれいに!

    一応、まともに動くので黒い部分の白濁だけ対応しようかと思います

    セロー225シリーズはメーター回りのインジケータが野暮ったいデザインで嫌いなのだけど、とりあえずはノーマルで行こうと思う
    ※メーターワイヤーは分解して注油しておかないと切れますよ

    経年劣化で、メーター回りのパーツが白くなってるのでここは秘密の白濁対応ケミカルを多用する予定

    錆びた各所ボルトは交換しよう!ただし強度がいるところ以外

    バイクにまたがった瞬間に目に入る錆びているボルトくらいは変えてやる予定

    とにかくばらすだけばらして洗車だ

    とにかくばらすだけばらして洗車だ

    この工程ですでに楽しいのだった

    ボルトは磨いて再装着することもあるけれど、

  • 錆びてるとボルト自体が痩せてたり
  • ボルトの強度が落ちてたり
  • するので、強度が必要な部分は高強度のボルトをまとめて発注する予定
    ※レストア時に、エンジン分解したボルトナットを交換するのは、洋服を再縫製する場合に糸を再使用するようなもんだ、と英国車乗りの師匠が言っていたけど、ちょっと納得

    まあ、最初は強度の不要なパーツの錆たネジをホームセンターの新品ボルトに変えるだけでも全然満足しますよ♪

    ハンドル回り、フレームなど

    タッチペンで補修した後があるけど、下手すぎるぞ(泣

    恐らく錆止めのつもりなんだろうけど、ちょっと雑すぎる

    中古でバイクを手に入れるときに一番最初に没にするポイントは、この素人塗装対応なんですよ・・
    ※普通なら絶対買いませんよ、この程度なら・・でも知り合いだし・・

    とりあえず、いったんそれらの塗装をはがして、再塗装するかどうかは検討しなきゃいけません

    オフ車の場合、フレームはどうやっても色が剥げるのである程度はしょうがないけど、ちょっとみすぼらしくもある
    ※投げバイクにするにしても、だ。

    走るのに支障がないので、時間をかけてやってみようかと思う
    まず、フレームは再塗装されているところを極力落としてみるつもり
    ※それ以外のボルト頭を塗った跡はボルトはブラスト処理するか交換します・・

    まとめ

    YAMAHAの良心、セロー225をいい状態で保存したくなったのだ♪

    うむ、ぼろい

    うむ、ぼろい

    はっきり言うとかなりボロい個体を手に入れた感は拒めませんが責任を持って直します♪

    久しぶりの期日が決まっていないレストア作業なので、すげえ楽しみです♪
    ってうか、すでに楽しいのだった

    セロー225は部品探しが苦にならないくらい中古車両も多く出回ってるし、長く楽しめそうだし、あの車体でゆっくりツーリングするのもよさそう♪
    ※最悪、不動車一台手に入れてフルチューンするという手もある♪

    セミレストアとはいえ、今回はエンジンもかかることだし、普通にナンバーも取れそうだけれど、細かいところは、こだわりまくって作ってみようと思う
    一年計画くらいで・・
    ※それまで公道デビューはお預けかな

    さてどうなることやら♪
    ・・つか、ワタクシそんな金も時間もあったっけ?

    スポンサーリンク
    スポンサーリンク

    -セロー225, メンテナンス

    Copyright© 北信州のりもの倶楽部Ver2 , 2019 All Rights Reserved.