長野県にIターンしてやりたい放題!!特にのりもの関係は失敗ばかり♪そういったマイナーでも濃厚な仲間を増やそうともくろむブログ。

北信州のりもの倶楽部Ver2

バイク

バイクのリアフェンダーレスの車検は?違反なのか?かっこいいのかダサいのか?

投稿日:

しっかし、このデザインとんがりすぎ
Toos

バイクのリアフェンダーを取り除く行為は昔から延々と続けられていますね
まあ確かに、見た目はすっきりします

でもね、リアフェンダーって結構な役割があるんですよ
今時のデザインに融合するかどうかは別として、法的にも問題あるしフェンダーレスは・・

という記事でございます

スポンサーリンク

リア周りの見た目がすっきりするのは確か

太いタイヤをより印象的に見せたい

バイクの迫力、見た目を重視する場合、リアフェンダーレスにすると確かにテール周りが小さく見えますね
確かに、今時の太いタイヤ(超高価)を目立たせたいのは良くわかります

確かにすっきりはしている

確かにすっきりはしている

一生懸命デザインされていますけど野暮ったいんですよね、リアフェンダーって。
リアフェンダーが金属製だった時代は、それも含めてデザインはまとまっていました
軽量化とコスト削減なんでしょうが、だんだんとリアフェンダーは樹脂になり、いまではほぼ100%樹脂製です

フェンダーレス化は誰が最初に始めたんだか知りませんが、90年代のカスタムバイク全盛期にはすでにその傾向がありました
旧車のカスタムで、太いタイヤを履いて、ケツあげしてフェンダーレスというのが当時のトレンドでした
実際使えたもんじゃない仕様

確かに、今時のバイクデザインにリアフェンダーは合わない

今時のテールカウルが小さいバイクのデザインには、リアフェンダーは全然似合わない

なので、取ってつけたようなデザインに・・
オフ車のWR250Rのリアフェンダー見た時は「オフ車じゃねえ・・」と思ったもんですが、これもトータルデザインなんでしょう

なので、最近のオンロードバイクはスイングアーム側にフェンダーがついてたりします
でもこれって、バネ下重量が増えるだけなんじゃないかと・・
※リアサスペンションより下の部分が重くなると運動性は落ちますよ

ものすごい違和感のある2019カタナ

ものすごい違和感のある2019カタナ

外車が最初に始めたんでしょうけど、今では国産モデルもこの方式を採用、新型カタナもこの方式ですし。
これもデザインのトレンドという事なのかもしれません

とはいえ、各社のデザイナーさんが一生懸命作ってくれたもんです
例え、ちょっと野暮ったくても付けておいてあげたいですね
※樹脂製のフェンダーは色があせて白くなるけど、マメにシリコンスプレー吹いておくといいですよ

スポンサーリンク

フェンダーの役割は恰好だけじゃない

実は意外にもタイヤは結構路面の異物を結構跳ね上げている

雨天時は高速道路で、バスやトラックが盛大に水しぶきを上げて走ってますよね
あれがバイクでも起こっています
太いタイヤのバイクは、そりゃもう盛大に水をまき上げますよ

泥や小石なども結構な量を跳ね上げます
オフロードを走るとよくわかりますが、林道などで接近戦をすると後続車両のライトが割れるのも珍しくないです
ワタクシもフェンダーレスにしてないDT200WRで林道で楽しく遊んだ時に、跳ね上げた小石で後続のXR250のライトを割ったことがあります。K君、すまん。

レースならともかく、公道で使うバイクにはリアフェンダーは必須です
周りに迷惑です

雨天時に走ればよくわかる

リアフェンダーレスにすると背中真っ黒になりますよ、路面の水で。

きったない(笑

雨天に絶対走らないというならともかく、ツーリング中に突然の雨もあるわけで。
こうなると、リアに積んだ荷物はもちろん、ライダーの背中、ヘルメットにまで盛大に水がかかります
※フェンダーが短いバイクはフェンダーレスにしなくても巻き上げた水を結構かぶります

タイヤって細いほうがラクチンですが♪

タイヤって細いほうがラクチンですが♪

最近のテールが短いデザインのバイクでフェンダーレスにすると、そりゃもう盛大に水かぶるでしょうね
テールカウルでも巻き上げた水を防いでくれないわけで。
こうなると、上から降ってきた雨よりもリアタイヤが巻き上げた水で濡れそうです

法令的に違反の可能性、車検に通らない危険性

後続車両に迷惑なのはもちろん、車検に通らない&整備不良で切符切られる危険性も高い

雨天時の後続車両への水巻き上げ攻撃(自分も犠牲になりますが)はもちろん迷惑行為です

車検時にチェックされる

フェンダーについてた補器が車検時に指摘されることがありますよ

  • リフレクタ(反射板)がない
  • ナンバー灯がない
  • この二点でおそらく車検時に落とされます

    ちなみにこの二点とも、整備不良で取り締まりの対象です

    リアフェンダーについてた補器はきちんと処理できるんでしょうかね?
    フェンダーレスキットとか雑誌で見かけますが、上記二点を満たしているものは・・
    ※そのうち、その手のフェンダーレスキットは規制されそうですけどね

    ちなみに・・


    自分でフェンダーカット等でフェンダーレスにした場合、ナンバーのつけ方も微妙ですし、ほぼ間違いなく整備不良です

  • テールカウルにナンバー直付け(オフ車に多い)は違反です
  • それにタイヤハウス内にナンバー付けるのも違反です
  • ※両方ともナンバー灯とかリフレクタとかつかないだろうし

    各種解釈はあるし、取り締まる側の判断もあるんでしょうが、最近はナンバーの設置方法について明記されているのでほぼ間違いなく整備不良を切られます

    80年代くらいまで欧州仕様はみんなフェンダー長かった

    欧州仕様のバイクはみんなフェンダーが長かった時代がある

    輸出国向けで結構仕様が違ってたんですよ、昔は。
    ウィンカーの位置とか、フェンダーの長さとか。

    欧州仕様


    これはツアラーが多い欧州では

  • 荷物を積むのにウィンカーが邪魔
  • 雨天でもガンガンアウトバーン走るのでフェンダーが短いと自分が余計濡れる
  • などの理由があったんだろうと思われます
    ※Z1-Rに関しては、欧州仕様ではツーリング仕様なのか1型でも大型タンクを装備してました(一回だけ見たことある)

    Z1000Mk2の欧州仕様

    Z1000Mk2の欧州仕様

    Z1-Rの欧州仕様

    Z1-Rの欧州仕様

    ワタクシのは北米仕様のZ1-R

    ワタクシのは北米仕様のZ1-R

    対して、北米はそんなのあんまり考えてないようで(笑

    初期のFZR1000の欧州仕様はリアフェンダーが異常に長いなぁ、と思った記憶があります

    現代では

  • コストの関係からか
  • ユニバーサル規格になったからなのか
  • 各国の法令が統一化されたからなのか
  • 良くわかりませんが輸出国でそこまで細かく変更は無いように思えますね

    ちなみに・・


    昔は電装の配線も輸出国によって微妙に違ったり、ウィンカーのインジケーターの色やライト常時点灯(今では普通ですが)など、各国の法令に合わせた仕様が存在してました
    ※大昔のバイクのサービスマニュアルには各国仕様の配線図があったりする

    まとめ

    フェンダーレスにするのはあんまりいいことない

  • 雨天でバイクに乗る場合はフェンダーレスにしないほうがいい
  • 法令に違反したくないならフェンダーレスにしないほうがいい
  • 車検の度に元に戻す手間が嫌ならフェンダーレスにしないほうがいい
  • とまあ、こんなところですかね。

    個人的には、公道を走る限りフェンダーレスはリア周りがすっきりしすぎて逆に格好悪いと思っています
    仕上げというか、ただフェンダーをぶった切っただけ、みたいな最終処理が汚い場合は完全にNGです
    むしろ機能を追求するには長いほうがいい、けど長すぎるのも・・ねえ

    この辺は個人の趣味があるので強くは言いません
    オフロードレースでリアではね上げた泥が自分を通り越して車体の前に落ちるというのを目の当たりにすると「リアフェンダーって大事♪」って思いますよ
    ※オフロードレーサーは当然リアフェンダーなんかついてないんで、フェンダーレスとは言えないんですけどね

    ワタクシとしては、雨天でもガンガン走るので、フェンダーは必須ですな♪

    スポンサーリンク
    スポンサーリンク

    バイクのバッテリーは夏も冬も酷使されます!



    バイクのバッテリーって乗らないとすぐ上がる気がします
    旧車バイクの開放型バッテリーは、冬に充電しまくっても3年持ったことがありません・・

    携帯やナビなど走りながら充電しまくってません?
    バイクの発電機にもバッテリーにも負荷がかかってますよ!










    自分のバイクのバッテリー適合を調べておくといいですよ!




    古いバイクで遊ぶ場合は盗難保険&ロードサービス付きの保険に入っておくと安心です



    メンテによほど自信があっても出先で壊れることがありますよ
    ・・バイクって人気のないところに放置するとあっと言う間にハゲタカ(人間)にやられます・・
    特に今はバイクが高いです・・盗まれると二度と出てこないと思っていいです

  • ロードサービスプラン

  • 盗難保険プラン

  • フルサポートプラン


  • 盗難保険はなんと年4400円から入れます!







    -バイク

    Copyright© 北信州のりもの倶楽部Ver2 , 2019 All Rights Reserved.