長野県にIターンしてやりたい放題!!特にのりもの関係は失敗ばかり♪そういったマイナーでも濃厚な仲間を増やそうともくろむブログ。

北信州のりもの倶楽部Ver2

KDX125SR Z750D1 バイク

バイクの足つきを改善したい。160cmでもオフ車やZ2に乗れる?

更新日:

空冷バイクはオイルの鮮度が命ですよ
Toos

身長低いので足がつくバイクがない
という話を聞いたのですが、
女性は結構身長低くても何とかしつつ乗ってますな
※140cm台で、オフ車(SL230)乗ってる女性も知ってる

諦めたらそこで終わりですよ♪
大人には大人のやり方があるじゃないっすか?
という記事です

スポンサーリンク

実際に身長160cmの細身でZ2に乗ってる女子がいる

うちの嫁、乗ってますよ

あのくそでかくて重たいZ2に。
もうアラフィフですが(笑)
250キロ越えの車体を、エンジン停止での取り回しが非常にきついと申しておりますが(笑)
パーキングのおじさんたちが勝手に取り回しを手伝ってくれたりして遠目にほほえましい

しかも
KTM125EXCというそりゃあもう過激なモトクロッサーにも乗っています
キックスタートが下手くそですが。
※その前は、KDX125SRのスーパーシャコタン仕様でした(現在も所有)

これが速いのよ、125ccとは思えないほど

これが速いのよ、125ccとは思えないほど

彼女の天才的センスは別としても、すべての車種で、きっちり足がつくようにセットアップしています
  • 身長が低い
  • 足が短い
  • 体重が軽すぎる(サスが沈まない)
  • などで、あきらめている人がいる
    という話を聞くと助けてあげたくなります

    女性は特にですが、男性でもオフ車は足がつかん
    というつまらない理由で可能性を狭めている人がいたらもったいないですよ♪

    バイクは自分が一番かっこいいと思うものに乗るべきです!

    足着きが悪いなら着くようにすればいいじゃない?

    極力お金をかけない方向をご紹介しますが、車種によってはキットを買った方が安い可能性もあるので、参考までにしてくださいね♪
    ※一銭もかけずに車高を落とすというのは、ノーマルの調整範囲でなら可能です

    車高を下げるにはリアサスをできるだけ短くする

    今どきの車種は大体、リアサスにプリロードをかけられるようになっています
    ※プリロードとは、あらかじめサスペンションに過重をかけておく、という意味です
    とりあえず、物理的に一番短くしてみましょう

    超お精できる範囲でスプリングを一番伸ばし切って全長を短くします
    スプリングを縮めると、一番過重がかかってしまうので、サスは沈みません
    ついでにダンパー部を抜き抜きでセッティングしましょう

    リアサスが動かないマシンというのは、かなり乗りづらいので極力軽い体重でも動くようにするのがポイントです

    これでもダメな場合、サスペンション長が短いものに交換しちゃいましょう
    高いもんでなくても全然いいです
    うちのZ750D1の場合、中古のゼファー1100のリアサスをそのまま流用しています

    専用設計のスポーツバイクはサスの流用が難しいですが、
    リア二本サスのバイクは結構流用が利きます

    わかりづらいが比較してみるいい画像がある

    わかりづらいが比較してみるいい画像がある

    リアサスの長さに注目!

    リアサスの長さに注目!

    ちなみに社外品の高価なリアサスは、長い傾向にあります
  • レイダウンが前提でのセッティングなので、
  • ダンパーの動きが良くても、
  • スプリングは堅いわ、
  • 長いわ
  • で使いづらいんですよ・・
    ※しかし、裏技もある

    サス流用時の参考になればいいなぁ

    オフ車はものによっては、リンクの長さを変更して車高を下げるキットなども出ていたりします
    ※車種は限定されますが。昔はKDX125SR用とかDT200WR用のリンケージが売ってたが・・

    ↓まだ売ってるねえ♪

    ちなみに、中古のリアサスをヤフオクなどで買う場合、オーバーホールしたほうがいいですよ
    その際に、足つきの件についても相談してみることをお勧めします
    ※ばね自体を交換して対応、という荒業もあるのだ

    車高を下げるにはフロントフォークを突き出す

    後ろ側を下げたら、前側です
    フロントフォークを、できるだけトップブリッジから突き出しましょう

    フォークの突き出し量わかるかしら?

    フォークの突き出し量わかるかしら?

    うちのZ750D1の場合、3cm近く突き出しています
    ハンドルまでのクリアランスとの兼ね合いで、これからぐらいにしてあります

    とにかく、
    前後のバランスが大事です
    カッコ悪いけど、実は後ろ側が下がってる方が曲がりやすくて乗りやすいっす

    裏技として、
    ハンドルアップスペーサーで、ハンドル自体を上げてしまいます
    こうすることで、ハンドル取付位置があがるので、突き出しの絶対量が増やせます
    ※KTM125EXCでこの方法を使っています

    ↓こういうやつね

    車高を下げるにはシートを削る(アンコ抜きだけじゃないコツがある)

    昔から言われるアンコ抜きというやつです
    饅頭の「あんこ」を抜くようにスポンジを抜くという手法です

    シートの加工は、専門店に任せた方が絶対にいいです
    自分でやるとどうしてもシートの皮がたるんで、非常にみっともないし、貧乏くさいんですよ
    ※愛着が思いっきりなくなります

    ネットなどでオーダーできるので使わない手はないです
    高くても2万しませんよ
    それで立ちごけが減るなら安いもんです

    シート屋さんにオーダーする際、
    足つきをよくしたい、シートの角を可能な限り削ってくれ、
    とお願いしましょう

    ポイントとしては、
    シート自体の高さを削ってぺったんこにするよりも、シートの角を落とした方が足つきが良くなりますよ♪
    加工業者さんもプロですので、評判のいいところはアドバイスがものすごくうまいです

    スポンサーリンク

    意外にも体格に恵まれない人はバイクコントロールが上手い傾向にある

    足つきとはあまり関係ないですが、
    体格に恵まれていない人の方がバイクの扱いがうまい傾向にあります

    大柄な人は、体力で何とかしようとするのに対し、
    小柄な人は、ちゃんと理解しながらバイクを操っているというか、
    テクニシャンが多い気がします

    ワタクシのバイクの師匠も、
    かなり小柄でしたが、
    ZX-10でジムカーナやって見せたり、
    CB750Fで峠でGSX-R1100を追っかけまわしたりする人でしたが、
    身長は170cm弱でした・・(当人はとっても気にしていましたが)
    が、すさまじく尊敬されていました♪

    そういう人もいる、というのも覚えておくといいですよ

    まとめ

    バイクに乗るのに体格のハンデは知恵と勇気とお金で解決できる
    ということです

    まあ、いきなりでっかいバイクに乗るのはおすすめしませんが、
    こういう乗り方というか手段もあるという話です

    極端な話、
    前後のサスのスプリングをぶった切るという荒業もあるにはありますが、純正のセッティングの完成度を舐めてはいけないので、安上りにお手軽に仕上げない方が後悔が少ないです
    極力純正を生かすようにするのがポイントです
    ※市販品のサスってなんであんなに高いんですかね?
    バイク屋さんに相談するのもいいと思いますが最近のバイク屋さんは、意外とそういう知識がないので、
  • 自分で試行錯誤しながら
  • 安全を確保しながら
  • 楽しみながら
  • 長い時間かけて工夫
  • していけばいいと思います

    それすらも楽しいんだってば(笑)
    苦労した分、ネタが増えたと思って喜んでも周りから変態扱いされるだけです
    むしろ嬉しいくらいじゃないっすか?

    大体遊ぶための苦労なんかで悩んでるとか、ほんと生きるためにはどうでもいいので
    死ぬこと以外はかすり傷だっ!
    と開き直って、思いっきり自分のマシンに仕上げることを楽しんじゃえばいいんですよ

    と勢いだけでこの記事を終える
    ※記事内容はマジですよ、念のため。

    スポンサーリンク
    スポンサーリンク
    • この記事を書いた人
    • 最新記事

    Toos

    Iターンしてみたモノの、いろいろ手を出しすぎてよくわからなくなりつつも、全部やってみてどんどん失敗して諦めずに何とかする。 特に古いバイクや車は得意分野♪そのほかDIYでの家やガレージ作り、田舎の暮らしなどについても発信していきますよ♪

    -KDX125SR, Z750D1, バイク

    Copyright© 北信州のりもの倶楽部Ver2 , 2019 All Rights Reserved.