長野県にIターンしてやりたい放題!!特にのりもの関係は失敗ばかり♪そういったマイナーでも濃厚な仲間を増やそうともくろむブログ。

北信州のりもの倶楽部Ver2

クルマ バイク メンテナンス

バイクのツーリング時に工具は何持っていく?スペアパーツは?

更新日:

Toos

変なバイクや車に乗ってると出先で故障、トラブルとかよくあるわけですよ
致命的な問題でなければ、その場で直して帰路につきます
直す際に、工具や予備のパーツがなけりゃどうにもならんよ、というお話です
※ま、新しいバイクや車でも壊れるときは壊れますが、古いバイクや車はその比じゃないレベルで壊れます♪
スポンサーリンク

備えがなきゃどうにもできない場合がある


上に戻らないキックペダルのバイク修理は、キックスターターのリターンスプリングは410円だったけど、ケースガスケットやキックシャフトオイルシールとか、エンジンオイルも交換となり、また、スパイクタイヤに前後とも入れ替えして貰って2万しなかった。写真は折れたリターンスプリング。 #snapseed / Atsushi Boulder

↑こういうことも稀に起こる。体力精神力があるうちに撤退する勇気も大事。

ツーリングに行く際、まさかの時に備えて工具を持参したい
まさかの事態が極力起こらないようにするのもライダー次第だけど、
どんなに準備万端でも壊れるときは壊れるのも事実
まさかの時の保険としてロングツーリングの際は最低限の生きて帰ってこれるだけの工具を持参することをお勧めします

少しでも異常を感じたら確認する、という行為が大事です
普通に走ってても、ネジが緩んで部品脱落、なんてのはよくあることです

一人旅は気ままですが、人気のない林道に入るようなツーリングは必ず複数人で望むことを薦めます
林道でパンクしてにっちもさっちも行かなくなった人を、助けた記憶もありますし、
簡易舗装の林道ででかいバイクをコカして、身動き取れなくなっていた人を助けたこともあります
両方とも助けがこなければどうするつもりだったんだろう?というシュチュエーションでした
偶然にも両方とも秋の夕暮れです

とにかく一人旅の場合は特に「慎重さ」「確実さ」「無事これ名人」の精神が求められます

見栄を張ってもボルトは回らない


22 / 忠狗

↑こんなに素晴らしいもんは必要ないっす

携帯用工具は「安いもの」で十分です
あくまでも「エマージェンシー用」として割り切ること

高級な工具一本よりもたくさんの種類があったほうがいに決まっています
特にレンチ系は、サイズが合わなければ全く役に立ちません
現地で現場で限られた用意で対応できること、が第一になります

とにかく、最低でも一人で人家のあるところまで出れることが優先
できればロードサービス付の保険に入っておくとベスト
※いまだに山の中は結構携帯が通じなかったりしますよ

スポンサーリンク

最低限持っていきたい工具


バーコで修理 / kaidouminato

  1. コンビネーションレンチ各種
  2. ※ホムセンのセット品で十分

  3. ドライバ+-各一本
  4. ラジオペンチ
  5. パンク修理用品一式
  6. ビニールテープ
  7. 針金
  8. タイラップ
  9. エマージェンシースタンド
  10. 車載工具
  11. プラグレンチ
  12. 作業用グローブ
  13. 雑巾(ウェス)

重くなるしかさばるので、できる限り携帯性に優れたもので構わない

予備の部品

  1. タイヤチューブ
  2. プラグ
  3. アクセルワイヤ
  4. クラッチワイヤ
  5. レバー左右
  6. 2stオイル(2stの場合)
  7. ワイヤの太鼓部(プラグのヘッド部分を加工したもの)

積載術について

バイクは積載量が限られます
また、フックをかけるところも限られます
かといって専用のパニアケースや後付けのトップケースなどはあんまり好きではないですね

ダッフルバック&サイドバックが自分のスタイルに向いています
重いものをどこに積むか?
どうやって固定するか?
については別記事でまとめますね

経験したトラブル


ネジを踏んだ / Kuruman

  1. タイヤチューブ引きちぎれ
  2. タイヤ内にワッシャーが入ってたためその形にチューブが裂けた

  3. アクセルワイヤー切れ
  4. クラッチワイヤー切れ
  5. プラグの突然のかぶり
  6. プラグキャップ破損
  7. イグナイタのサドンデス
  8. ホーンの配線ショートでなりっぱなし
  9. 防犯用振動感知装置なりっぱなし
  10. 枝との接触でミラー割れ
  11. サイレンサー落とし
  12. チェーンガイドもげ
  13. オイルポンプ破損
  14. レギュレータ破損による各電装死亡
  15. タンクキャップの空気穴ふさがりに寄るガス欠症状
  16. ホイールベアリング破損によるブレーキ引きずり、フルード沸騰
  17. しかも高速、すげえ怖かった・・

まとめ

遊びで死んだらしゃれになりません
※危うく死にそうになったトラブルも上記に含まれています♪

こういう焦る系のトラブルは無事であればもれなく武勇伝になります♪
一個一個体験してクリアしていくのもバイクの楽しみといえるでしょう
まあトラブルがあったら、酒の席でのネタが増えた♪と思って笑って過ごしましょう
死ぬこと以外はかすり傷ですわ
※痛いのは極力避けたいですが

スポンサーリンク
スポンサーリンク

-クルマ, バイク, メンテナンス

Copyright© 北信州のりもの倶楽部Ver2 , 2019 All Rights Reserved.